VAGUE(ヴァーグ)

CX-5オーナーも驚くマツダ「CX-60」の圧倒的プレミアム感! 内外装の上質さと優雅さ、走りの爽快感は満足度大

ドアを開けた瞬間「CX-5を超えた」と感じるインテリア

“ラージアーキテクチャー”と呼称するエンジン縦置き&後輪駆動ベースの新プラットフォームを採用し、新開発の直列6気筒ディーゼルエンジンを設定。そして何より、600万円を超える高価格帯のプライスタグを掲げる。マツダの新しいSUV「CX-60」は、トピックにあふれている。

 まさに鳴り物入りで登場してきたCX-60は、どんなキャラクターの持ち主で何がスゴいのか? 今回はマツダの人気SUVである「CX-5」と比較しながら探ってみたい。

インテリアの上質感、クルマ全体が醸し出す優雅さ、エンジンやハンドリングの爽快感などでオーナーに絶大な満足感を与えるマツダ「CX-60」
インテリアの上質感、クルマ全体が醸し出す優雅さ、エンジンやハンドリングの爽快感などでオーナーに絶大な満足感を与えるマツダ「CX-60」

 新しいCX-60もCX-5も、2列シートSUVであることは共通している。しかし2台を比べてみると、その違いは予想以上に大きい。たとえばボディサイズは、CX-5が全長4575mm、全幅1845mmであるのに対し、CX-60は全長4740mm、全幅1890mmと、全長で165mm、全幅は45mm大きいのだ。

 しかし、それ以上に差を感じるのは、押し出し感とプロポーションの違いである。CX-5の顔つきは、適度にシャープで軽快な雰囲気がある。一方のCX-60は、フロントグリルがひと回り大きいのに加え、“絶壁”感覚が強く、堂々とした押し出し感が強調されている。こうして2台を比べてみて、CX-5の顔つきが思っていた以上にスポーティだったことを再認識させられた。

 一方プロポーションは、CX-5の場合、単に全長が短いだけでなく、ボンネットも短くて全体が凝縮された印象。対してCX-60はのそれは、ボンネットが長い分、伸びやかさがある。CX-60のプロポーションは、スポーツカーなどで理想とさせる“ロングノーズ/ショートデッキ”スタイルで、クラシカルな雰囲気を感じられる。

 そんなCX-60のプロポーションは、パッケージングにおいても大きな影響を与えている。端的にいうと、CX-5よりボディサイズは大きくなっているものの、リアシートやラゲッジスペースはCX-5と比べてあまり広くなってはいない。リアシートのヒザ回りのゆとりは、確かにCX-5より広いものの“プラスα”程度にとどまっている。またラゲッジスペースも、CX-5の467リットル(床下含まず)に対して477リットルと、同等レベルにとどまっている。

 このようにCX-60は、CX-5と比べてボディサイズが拡大されているものの、その伸び代を実用性向上に使うのではなく、ボンネットの長さが生み出す優雅で気品のあるルックス、そして、後輪駆動ベースならではの走りに振りわけていることがわかる。

インテリアの上質感、クルマ全体が醸し出す優雅さ、エンジンやハンドリングの爽快感などでオーナーに絶大な満足感を与えるマツダ「CX-60」
インテリアの上質感、クルマ全体が醸し出す優雅さ、エンジンやハンドリングの爽快感などでオーナーに絶大な満足感を与えるマツダ「CX-60」

 一方、インテリアの仕立ては、2台のレベルの違いに驚かされる。

 筆者はみずからの愛車として、これまで日常的にCX-5に触れてきたのだが、インテリアのクオリティに関しては“クラスを超えている”と認識している。内装パネルの仕上げからスイッチの精緻な仕立てまで開発陣の思い入れが込められており、十分なコストも投下されていることが日々使っていて伝わってくる。

 しかし、CX-60のインテリアのつくり込み、なかでも上級グレードである「エクスクルーシブ」系や「プレミアム」系のインテリアは、ドアを開けて乗り込んだ瞬間、「CX-5を超えた!」と驚かされる。最上級の「プレミアムモダン」に採用される“かけ縫い”を組み合わせたダッシュボードを筆頭に、いずれの仕様でも納得のクオリティを実現。しかもそれが、乗った瞬間に伝わってくるのがCX-60のスゴさである。

Nextメカニズムの違いが走り味の違いとなって現れる
Gallery 【画像】内外装の仕立てと走りのプレミアム感でCX-5を凌駕する新型「CX-60」を見る(21枚)
通勤ラッシュで「前抱え」はどうなの!? 持ち方問題に賛否! みんなの意見は?

page

  • 1
  • 2

RECOMMEND