VAGUE(ヴァーグ)

リアシートは快適? 存在感抜群のホンダ新型「WR-V」後席をチェック! 居住性は“コンパクトSUVのスタンダード“を超えた!?

新型「WR-V」は「ヴェゼル」より全高が60mm以上高い

 2023年12月に正式発表、2024年春に発売予定というホンダの新しいコンパクトSUV「WR-V」。そのプロトタイプが先ごろ初公開されました。

 ボディサイズは比較的コンパクトな新型WR-Vですが、多彩な目的に使われるSUVだけに、やはり気になるのはキャビンの快適性です。なかでも今回はリアシートの居住性についてチェックしたいと思います。

コンパクトSUVとは思えないほリアシート空間が広々としているホンダ新型「WR-V」
コンパクトSUVとは思えないほリアシート空間が広々としているホンダ新型「WR-V」

 2023年11月16日にプロトタイプが初公開された新型WR-Vについて、ホンダは「信頼を感じるような力強いデザインと多様なニースに応える広々とした空間」を持つコンパクトSUVと位置づけています。

 WR-Vという車名は「Winsome Runabout Vehicle(ウィンサム・ランナバウト・ビークル)」の頭文字を組み合わせたもので、このクルマで生き生きとした毎日を楽しんで欲しいという思いが込められています。

 新型WR-Vは、グランドコンセプトに「VERSATILE FREESTYELR(バーサタイル・フリースタイラー)」を掲げています。

 VERSATILEは多様なライフスタイルやニーズに適応できることを指し、FREESTYELRはさまざまな制約を乗り越えて自由に自分らしいスタイルで生きることを表現。

 それらを踏まえて、既成概念や固定観念にとらわれず、より自由な発想で自分らしい生き方を表現する人々の思いに寄り添うクルマを目指したといいます。

 新型WR-Vのボディサイズは、全長4325mm、全幅1790mm、全高1650mm。ホンダの人気コンパクトSUV「ヴェゼル」は全長4330mm、全幅1790mm、全高1580〜1590mmですから、新型WR-Vは全長と全幅はヴェゼルとほぼ同じ、全高はひと回り高いサイズ設定となります。

 新型WR-Vのエクステリアは、スタイリングから安心と信頼を感じられるようなデザインを採用。高い位置に配したベルトラインと厚みのあるボディ造形により力強さを表現しています。

 対するインテリアは、シンプルな水平基調のデザインを採用。スイッチ類を中央にレイアウトすることで運転しやすい空間を構成しています。

 上級グレードである「Z」と「Z+」には、ドライバーの正面に7インチのTFTメーターを装備。さらに、本革巻きのステアリングホイールとセレクトレバー、ソフトな素材を採用したドアトリムなど、質感の追求にも抜かりはありません。

 加えて、1リットルのペットボトルが収まるドアポケットや、スマートフォンなどの置いておくのに便利なアームレストポケットなど収納スペースも充実。使い勝手も追求しています。

 このように、まさにコンパクトSUVの王道ともいうべき新型WR-Vですが、それだけに、街乗りだけでなくレジャードライブに使いたいという人も多いのではないでしょうか。そこでここからは、新型WR-Vのリアシートをチェックしていきましょう。

NextコンパクトSUVとは思えない広々としたリアシート空間
Gallery 【画像】「えっ!…」リアシートの広さはひとクラス上! ホンダ新型「WR-V」を写真で見る(35枚)
クリスティアーノ・ロナウドも愛用するApple Watchケースブランドとは(PR)

page

  • 1
  • 2

RECOMMEND