VAGUE(ヴァーグ)

スズキ新型「ジムニー5ドア」はアクセサリーも充実! 日本発売が待ち遠しい“期待のオフロードSUV”はカスタムも楽しめそう

キャビンや荷室の使い勝手もよさそうな新型5ドア

 スズキの南アフリカ法人が先ごろ正式発売した新型「ジムニー5ドア」。そのカタログを眺めていると、アクセサリーの充実ぶりが目を惹きます。どのようなアイテムが用意されているのでしょうか?

スズキ新型「ジムニー5ドア」の南アフリカ仕様は多彩な純正アクセサリーにも注目だ
スズキ新型「ジムニー5ドア」の南アフリカ仕様は多彩な純正アクセサリーにも注目だ

 新型ジムニー5ドアは、2023年1月にインドで開催された「オートエキスポ2023」で世界初公開され、すでに同国市場ではスズキ車ナンバーワンの人気を獲得しています。

 そんな人気モデルを今回、正式発売したのは、スズキの南アフリカ法人。これまで同社では南ア最大の都市・ヨハネスブルグで開催された「フェスティバル・オブ・モータリング」などで新型ジムニー5ドアをサプライズ公開し、以前より予約受注をスタートさせていました。

 新型ジムニー5ドアは、日本仕様における「ジムニーシエラ」がベース。全長とホイールベースがそれぞれ340mm長くなり、全長は3820mm(スペアタイヤを含めると3985mm)へ、ホイールベースは2590mmへと延長されています。ちなみに、全幅(1645mm)と全高(1720mm)は3ドアと共通です(各ボディサイズの数値はすべて南ア仕様)。

 新型ジムニー5ドアは、ボディサイズが大きくなっても優れた悪路走破性をキープ。ロードクリアランスは210mm(210mm)、アプローチアングルは36度(37度)、ランプブレークオーバーアングルは24度(28度)、デパーチャーアングルは47度(49度)をキープしています(カッコ内は3ドアの数値)。

 メカニズムは3ドアと同じで、南ア仕様の新型ジムニー5ドアは最高出力75kW(約102馬力)、最大トルク130Nmを発生する1.5リッター直列4気筒自然吸気エンジンを搭載。トランスミッションはエントリーグレードの「GL」が5速MTのみ、上級グレードの「GLX」は5速MTと4速ATから選択できます。

 また4WDシステムは、ローレンジモードやヒルディセントコントロール、ヒルアシスト、ブレーキアシストを標準装備した本格的なものが搭載されています。

Next多彩なアクセサリーで自分だけのジムニーへカスタム
Gallery 【画像】「えっ!…」想像以上の充実ぶり! 多彩なアクセを装着したスズキ新型「ジムニー5ドア」を写真で見る(52枚)
通勤ラッシュで「前抱え」はどうなの!? 持ち方問題に賛否! みんなの意見は?

page

  • 1
  • 2

RECOMMEND