VAGUE(ヴァーグ)

モーターだけで118km走行可能! 人気のSUVにPHEV追加 メルセデス・ベンツ「GLC350e 4MATIC スポーツエディションスター」発売

EVの利便性と内燃機関の安心感を兼ね備えたモデルが追加

 メルセデス・ベンツ日本は2023年11月29日、プレミアムミドルサイズSUV新型「GLC」に、プラグインハイブリッド(PHEV)モデル「GLC350e 4MATIC Sports Edition Star(スポーツエディションスター。以下GLC350e)」を追加、発売しました。

メルセデス・ベンツ「GLC350e 4MATIC スポーツエディションスター」
メルセデス・ベンツ「GLC350e 4MATIC スポーツエディションスター」

 初代GLCは2015年に登場したDセグメントSUVです。2008年に登場した「GLK」の後継モデルとして登場しました。

 初代GLCの世界累計販売台数は260万台を突破。2020年と2021年にはメルセデス・ベンツの乗用車のなかでベストセラーモデルとなり、世界中で大ヒットしました。

 現行型GLCは、2023年3月に日本で登場した2代目となる新型モデルです。

 従来、ディーゼルモデル「GLC220d 4MATIC」のみの展開でしたが、今回PHEVが追加されました。

 新型GLC350eは204馬力・320Nmを発生する2リッター直列4気筒ターボエンジンに、容量31.2kWhのリチウムイオンバッテリーと、136馬力・440Nmを発生する電気モーターを組み合わせたPHEVモデルです。

 システム最高出力は313馬力・550Nmのパワーユニットとなり、電気モーターのみで140km/hまで走行可能、さらにEV走行換算距離は118kmのため、日常では電気自動車のように使用することが可能です。

 遠方へのドライブでは、ガソリンエンジンで充電しながら走行するなど電気モーターとガソリンエンジンのメリットを掛け合わせる
ことで航続可能距離や充電時間を気にせずにドライブが可能です。

 急速充電器(CHAdeMO)も対応。また6.0kW(30A)の交流普通充電にも対応しています。

 消費税込みの車両価格は以下のとおりです。

・GLC350e 4MATIC スポーツエディションスター:998万円

Nextメルセデス・ベンツ新型「GLC350e」ってどんなクルマ?
Gallery 【画像】本命登場!? 人気のSUVにPHEV追加 メルセデス「GLC350e」を写真で見る(27枚)
通勤ラッシュで「前抱え」はどうなの!? 持ち方問題に賛否! みんなの意見は?

page

  • 1
  • 2

RECOMMEND