VAGUE(ヴァーグ)

もう“マイル修行”が通用しなくなる!? JALの上級会員ステイタス制度「JALグローバルクラブ」は2024年からどう変わる?

新たに生涯ステータス制度「JALライフステイタスポイント」を導入

「空港から空港への送客」というサービスを行う航空会社は、鉄道会社とは異なり、同業他社と直接の競合を強いられます。

なぜなら特定の駅と駅とを結ぶ同一の線路に複数の鉄道会社が列車を走らせ、競合関係になることは(相互乗り入れなどを除き、基本的には)ありませんが、空路の場合、特定の空港と空港を結ぶ路線に複数の航空会社が就航することは、ごく一般的にありうるからです。

 そのため航空会社各社は、運賃や機材、機内サービスによる差別化はもちろん、顧客囲い込みのためのさまざまな仕組みを導入しています。

2024年1月から始まる「JAL Life Status プログラム」とはどんなものなのだろうか
2024年1月から始まる「JAL Life Status プログラム」とはどんなものなのだろうか

 その代表となるものが、利用頻度の多い顧客向けに、搭乗した距離などに応じてマイルを加算し、貯まったマイルを無償の「特典航空券」に交換できる「マイレージプログラム」です。

日本においてはJALが「JALマイレージバンク」、ANAが「ANAマイレージクラブ」という名称で展開しています。

 また多くの航空会社では、より搭乗の多い顧客に向け、「ステイタス制度」も用意しています。これは暦年の搭乗実績に応じ顧客をランク付けし、「空港ラウンジの利用」「優先搭乗」などで優遇するものです。

 JALはクリスタル、サファイア、JGCプレミア、ダイヤモンド、ANAはブロンズ、プラチナ、ダイヤモンドと、それぞれ搭乗実績に応じて区分され、「搭乗実績の多ければ、より優遇される」という内容になっています。

 これに加え両社は、暦年で一定の搭乗実績を達成した顧客が加入できるメンバー制度も設定してきました。それがJALの「JALグローバルクラブ(JGC)」、ANAの「スーパーフライヤーズクラブ(SFC)」です。

JALではサファイア以上、ANAではプラチナ以上のステイタスを達成した顧客が申し込める特別のクレジットカードを取得することが入会の条件で、顧客がそのカードの会員である限り、空港ラウンジの利用などの優遇が、暦年の搭乗実績とは関係なく受けられるようになります。

そのため「ある暦年に集中的に搭乗を繰り返し、JGCやSFC入会の資格を得る」という、“ステイタス修行”にいそしむ人も少なくありませんでした。

 ところが2023年11月、JALはこのステイタス制度の一部見直しを発表します。

その内容は、これまでの暦年の搭乗実績に応じたクリスタル、サファイア、JGCプレミア、ダイヤモンドというステイタスはそのまま残しつつ、JGCの入会資格を、JALグループ便搭乗により得られるポイントとJALカードの利用により得られるポイントを通算する「Life Status ポイント(ライフステータスポイント=LSP)」による判定へと変更するというものでした。

Next新制度の導入で新たに優遇を受ける人とは
Gallery 【画像】どう変わる!? JALの上級会員ステイタス制度のしくみを写真で見る(25枚)
クリスティアーノ・ロナウドも愛用するApple Watchケースブランドとは(PR)

page

  • 1
  • 2

RECOMMEND