VAGUE(ヴァーグ)

新幹線の往復旅が実質6000円で可能!? JR東日本の“旅ガチャ”「どこかにビューーン!」はどう楽しむ? 実際に試してみた

“どこかにビューーンは”どれだけオトク?

 いま「ミステリーツアー(=どこに行くのかわからない)」的な旅行商品が次々と登場、人気を集めています。

 そのひとつ、2022年12月に東日本旅客鉄道(JR東日本)が開始したサービスが「どこかにビューーン!」です。

6000JREポイントでJR東日本の「どこかの」駅までの新幹線往復指定席が利用できるサービスが「どこかにビューーン」だ
6000JREポイントでJR東日本の「どこかの」駅までの新幹線往復指定席が利用できるサービスが「どこかにビューーン」だ

 航空会社では、通常よりも少ないマイル数で特典航空券と交換でき、行き先は候補地の中からランダムに選ばれるという日本航空(JAL)の「どこかにマイル」という人気のサービスがありますが、簡単にいえばその“新幹線版”が、どこかにビューーンです。

 JR東日本には、グループのポイント制度「JRE POINT(JREポイント)」があります。

 これは鉄道の利用、Suica決済、駅ビルでの買い物などでポイントが貯まる仕組みで、貯まったポイントは1ポイント1円相当としてSuicaへのチャージなどに使えるほか、同社のオンライン発券サイト「えきねっと」で特典チケットに交換することも可能となっています。

 どこかにビューーン!は、このJREポイント6000ポイント(実質6000円分)を使ってJR東日本エリア内の任意の新幹線指定席の往復チケットが利用できるサービスです。

 発着駅は東京/上野/大宮駅となりますが、仙台/盛岡/新潟/長野駅から発着する場合は5000ポイントで利用が可能です。

 通常の特典チケットが大きく異なる点は、どこかにビューーンの申し込み時点では「どこが旅行の目的地になるか」が決まっていない、いわゆる“旅ガチャ”ということです。

 利用方法ですが、まず専用サイトにアクセスし、いずれかの発着駅、往路の出発日と復路の到着日、さらに利用する列車の出発/到着時間(それぞれ5つの時間帯、もしくは時間帯指定なし)を選んで検索します。

 すると、JR東日本の新幹線停車駅(発着駅となる東京駅、上野駅、大宮駅、さらに高崎駅、宇都宮駅をのぞく)のなかから、4つが行き先候補として、所要時間の目安とともに表示されます。

 4つの候補駅は、上越新幹線の上毛高原駅から新潟駅の7駅、北陸新幹線の安中榛名駅から上越妙高駅の7駅、東北新幹線の那須高原駅から新青森駅の18駅、秋田新幹線の雫石駅から秋田駅の5駅、山形新幹線の米沢駅から新庄駅までの10駅のなかからランダムで選ばれます。

 行き先がもっとも遠い新青森駅となった場合、東京発着だと3万3700円(指定席、往復割引含む)なので、JREポイント1ポイント1円で換算すると2万7700円もオトクになるという計算になります。
 

Next実際に試してわかった「どこかにビューーン」を使った新幹線旅行の楽しさ
Gallery 【画像】「えっ!?」どこに行くかわからない旅ガチャ!?「どこかにビューーン」の楽しみ方を写真で見る(42枚)
クリスティアーノ・ロナウドも愛用するApple Watchケースブランドとは(PR)

page

  • 1
  • 2

RECOMMEND