VAGUE(ヴァーグ)

10年ぶりのフルモデルチェンジで4代目に進化! 新型ミニ3ドアに待望のガソリンモデル「ミニクーパーS」登場

2023年9月の電気自動車に続き登場したガソリンモデル

 独BMWグループのMINI(ミニ)は2024年2月7日、新型「ミニ3ドア」にガソリンエンジン搭載モデル「ミニ・クーパーC」および「ミニ・クーパーS」を発表しました。

欧州で追加された新型ミニ3ドアのガソリンモデル「ミニ・クーパーS」
欧州で追加された新型ミニ3ドアのガソリンモデル「ミニ・クーパーS」

 ミニは、1959年にブリティッシュ・モーター・コーポレーション(BMC)が開発、およそ40年もの間モデルチェンジすることなく製造されていたクラシックMini(ミニ)を起源としています。

 そのモデルをモチーフとして、BMWが2001年に発表した初代ミニが誕生。今回登場した新型ミニ・クーパー3ドアはBMWミニとしては4代目となる新型モデルです。ただしBMWのリリースでは、クラシックミニを初代として「5代目」とされています。

 2023年9月に、ドイツ・ミュンヘンで開催されたIAAモビリティ2023で、第4世代となる新型ミニ・クーパー3ドアが世界初公開されましたが、登場した新型「ミニ・クーパーE」と「ミニ・クーパーSE」は、いずれも内燃機関(エンジン)を持たない電気自動車(BEV)でした。

 今回登場した新型ミニ・クーパーC、および新型ミニ・クーパーSは、従来ミニ3ドアと同様、ガソリンエンジンを搭載。ミニ・クーパーCは156馬力・230Nmを発生する1.5リッター直列3気筒ターボ、ミニ・クーパーSは204馬力・300Nmを発生する2リッター直列4気筒ターボエンジンを搭載、0−100km/h加速は7.7秒(ミニ・クーパーSは6.6秒)というパフォーマンスを発揮します。

 ミニブランドの責任者、ステファニー・ヴルスト氏は「ミニにおけるパワー・オブ・チョイスとは、全電動のミニに加えて、ガソリンエンジンを搭載したミニ・クーパーを提供することを意味します。このクルマは、クラシックなミニ3ドアを運転し、内燃エンジンの伝統的なパフォーマンスと特徴的なサウンドを味わいたいと考えているすべての人々にとって理想的です」とコメントしています。

短いオーバーハング、短いボンネットに長いホイールベースという、クラシックなスタイルをベースに、「カリスマ・シンプリシティ」というデザインテーマに基づき、先進テクノロジーとブランドの起源の基本原則を組み合わせています。

 ヘッドライトはLED化されていますが、クラシック・ミニから続く丸目は健在です。またフロントグリルもクラシック・ミニからの伝統となる台形をイメージしています。ただしフロントグリルは、よく見ると従来型ミニの六角形から八角形に進化しているのがわかります。

 切り立ったAピラーで、フロントガラスは他のコンパクトカーと比べて直立しており、運転席に座るとミニ独自の視界を味わうことができます。これも初代から変わらない部分です。それにもかかわらず、新型ミニ・クーパー3ドアの空気抵抗係数(Cd値)は0.28と、コンパクトセグメントとしては傑出しているといいます。

Next日本ではいつ発表される!?
Gallery 【画像】「えっ!?」EVだけじゃないの!? 新型「ミニ」に登場したガソリンモデルを画像で見る(26枚)
通勤ラッシュで「前抱え」はどうなの!? 持ち方問題に賛否! みんなの意見は?

page

  • 1
  • 2

RECOMMEND