VAGUE(ヴァーグ)

期待大のトヨタ新型「クラウン・エステート」発売延期の気になる理由とは? “ワゴンとSUVの美点”を融合!「新種のクラウン」は何が魅力?

“アクティブキャビン”が「クラウン・エステート」のコンセプト

 トヨタ自動車は現行「クラウン」に4タイプのモデルをラインナップしています。その最後を飾る新型「クラウン・エステート」の発売が、少し延期されることになりました。なぜそのような判断が下されたのでしょうか?

奥行き2m超の広い荷室を備えるなど、ステーションワゴンとSUVの美点を“いいとこ取り”したトヨタ新型「クラウン・エステート」
奥行き2m超の広い荷室を備えるなど、ステーションワゴンとSUVの美点を“いいとこ取り”したトヨタ新型「クラウン・エステート」

 現行モデルで16代目を迎えたクラウンシリーズ。その初代モデルは、第二次世界大戦後の物資やノウハウの乏しい時代に開発がスタートしました。それでも、開発陣の創意工夫によって1955年に誕生した初代は、日本車初の“100%国産“を達成しています。

 そうした初代の誕生にまつわる経緯もあり、歴代クラウンには“革新と挑戦”というDNAが息づいてきました。なかでも2022年7月に誕生した現行シリーズは、そのことを改めて見せつけたモデルです。

 16代目のクラウンは凝り固まった既成概念を払拭。意欲的な開発がおこなわれ、2022年に先行発売された「クラウン・クロスオーバー」、王道の「クラウン・セダン」、受注がスタートしたクーペSUVの「クラウン・スポーツ」、そして、ステーションワゴンとSUVの魅力を融合したクラウン・エステートという4モデルをラインナップすることとなりました。これら4台による“クラウン群”で、変化の激しい市場ニーズに対応しようという試みです。

 まさに16代目の現行クラウンは、新時代の幕開けにふさわしいモデルとなりましたが、なかでも発売が待たれる新型クラウン・エステートには、さまざまなチャレンジの跡が見て取れます。

「洗練と余裕の大人の雰囲気を併せ持ち、リアのフルフラットデッキとともに、機能的なSUVとしてアクティブライフを楽しめるモデル」と位置づけられた新型クラウン・エステート。そのコンセプトは“アクティブキャビン”で、仕事にも遊びにも一生懸命なユーザーたちが満足できるクルマを目指したといいます。

 その象徴ともいえるのが、ラゲッジスペースからフロントシート背後までフラットなスペースが続くリアキャビンのフルフラットデッキ。リアシートの背もたれを倒してボードを展開すると、リアゲートからフロントシートの背もたれ背後まで、2mオーバーのスペースが出現します。

 このスペースは、長尺のサーフボードやゴルフのキャディバッグ、自転車やキャンプ道具を始めとする多彩なギアを積載するのに重宝するほか、車中泊を快適に楽しめるなど、ユーザー次第で楽しみ方が広がりそうです。

 また、クラウンシリーズらしく、ラゲッジスペースの上質な仕立ても印象的。フロアだけでなくホイールハウス回りなどのサイド部分も毛足の長いソフトなカーペットでしっかりと覆われ、まさにラグジュアリーなワゴンという出来栄えとなっています。

●発売が延期された気になる理由とは?

 新型クラウン・エステートのボディサイズは、全長4930mm、全幅1880mm、全高1620mm、ホイールベース2850mm。これは、クラウン・クロスオーバーより40mmワイドで80mm背が高い設定です(クラウン・エステートの数値はすべて開発目標値)。

 そんな新型クラウン・エステートのコックピットは、先ごろ発売された新型クラウン・スポーツと同様のテイストでまとめられています。

 ディスプレイやシフトセレクター回りに機能部品を集約し、島のように配置した“アイランドアーキテクチャー”なるコンセプトを導入するほか、運転席と助手席を分割したかのようなカラーコーディネートも印象的。運転席はドライビングに集中できるようブラックで統一され、助手席側は特別な素材と配色により同乗者がくつろげるスペースとなっています。

 パワートレインは、HEV(ハイブリッド)とPHEV(プラグインハイブリッド)の2種類で、駆動方式はいずれも4WDを採用します。

 詳細なスペックは未定ですが、同様のラインナップとなる新型クラウン・スポーツに通じた数値となりそうです。

 ちなみにクラウン・スポーツのHEVは、最高出力186ps、最大トルク221Nmを発生する2.5リッターエンジンに、最高出力120ps、最大トルク202Nmのフロントモーターと、最高出力54ps、最大トルク121Nmを発生するリアモーターの組み合わせ。

 同じくクラウン・スポーツのPHEVは、最高出力177ps、最大トルク219Nmを発生する2.5リッターエンジンに、最高出力182ps、最大トルク270Nmのフロントモーターと、最高出力54ps、最大トルク121Nmを発生するリアモーターを組み合わせています。

* * *

 そんな新型クラウン・エステートですが、「2023年度中」とされていた発売予定時期が、先ごろ「2024年央以降」へと変更されました。

 その理由についてトヨタ自動車は、「お客様へより良い商品をお届けできるよう、更なる車両の作り込みを行っております。今しばらくお待ちいただきますよう、よろしくお願い申し上げます」とアナウンスしています。

 発売延期は少々残念ですが、ステーションワゴンとSUVの美点を“いいとこ取り”した新型クラウン・エステートは、都市部での普段使いから休日のレジャードライブまで、多彩なシーンで活躍してくれそう。発売時にはスマッシュヒットを記録しそうです。

Gallery 【画像】「えっ…!」荷室の奥行きは2mオーバー! トヨタ新型「クラウン・エステート」を写真で見る(26枚)
通勤ラッシュで「前抱え」はどうなの!? 持ち方問題に賛否! みんなの意見は?

RECOMMEND