VAGUE(ヴァーグ)

当時の少年はみんな夢中になった! カー消しにマンガ 1970年代の「スーパーカーブーム」って覚えてる?

マンガ『サーキットの狼』がブームに火をつけた

 1970年代後半、「スーパーカーブーム」と呼ぶ旋風が日本を駆け抜けました。

 フェラーリやランボルギーニ、ロータス、ポルシェなど欧米のハイパフォーマンス・スポーツカーが「スーパーカー」と呼ばれて大人気となったのです。

ランボルギーニ「カウンタック」
ランボルギーニ「カウンタック」

 その呼び水となったのが、1975年(昭和50年)より週刊少年ジャンプ誌にて連載が開始された漫画『サーキットの狼』です。

 同作品は、主人公の風吹裕矢がライバルと公道やサーキットで競うという内容です。“一匹狼”的にひとりで戦う主人公の強さ、登場するスーパーカーのカッコよさで、小学生や中学生などの子どもたちは、すぐに作品の大ファンとなります。

 そこでポイントとなったのは、登場するクルマのほとんどが、リアルに存在するモノであったこと。

 主人公の愛車となったロータス「ヨーロッパ」やフェラーリ「ディノ」をはじめ、ランボルギーニ「ミウラ」、「イオタ」、「カウンタック」、「ウラッコ」、デ・トマソ「パンテーラ」、ランチア「ストラトス」、ポルシェ「911」など、登場するクルマは、当時の欧米のハイパフォーマンス・スーパースポーツそのものだったのです。

 ファンになれば、その対象自体をより知りたくなり、より見たくなり、欲しくなるというもの。そのため、そうしたスーパーカーや輸入車を販売する都市部のカーディーラーに、カメラを抱えた子どもたちが大挙して押し寄せる事態となりました。

 また、人気にあやかり、『対決!スーパーカークイズ』といったテレビ番組や実写版『サーキットの狼』の映画なども制作されます。

 子ども向けには、スーパーカーをかたどった「スーパーカー消しゴム」などの関連商品が多数登場します。当時、ビンのコカ・コーラの王冠(フタ)の裏にスーパーカーを描いた「スーパーカー王冠」も子どもたちの収集アイテムのひとつとなりました。

 ちなみに「スーパーカー消しゴム」は、ノック式ボールペンのパチンと飛び出るノック部で、消しゴムを飛ばして競うという遊びが大流行します。

Nextスーパーカーブームの1970年代後半ってどんな時代だった?
Galleryあのころ夢中になった「スーパーカー」を画像でチェック(41枚)

page

  • 1
  • 2

RECOMMEND