VAGUE(ヴァーグ)

●銀座をめぐりながらSEIKOブランド100周年への想いを馳せる

SEIKOブランド100周年記念
<セイコー プレザージュ>
服部金太郎 限定モデル
SART001

  • ・自動巻(手巻つき)、キャリバー(6R5H)、SSケース、カーフレザーストラップ、5気圧防水、ケースサイズ(厚さ:12.3mm、横:35.0mm)、ボックス型サファイアガラス ・価格(消費税込):25万3000円/世界限定:1000本(うち国内:300本)・販売:セイコーフラッグシップサロン、セイコードリームスクエア、セイコーオンラインストア、セイコーブティック、セイコーウオッチサロン ・発売予定日:2024年1月12日(金)

 日本人の「時」を常に支え続けてきたセイコーは1881年、「服部時計店」として、その産声を上げます。おもに中古時計の修繕と販売から事業を開始し、1892年には時計製造工場として「精工舎」を設立。掛時計の製造がスタートします。

 さらに懐中時計、腕時計と革新的な時計を次々と開発しますが、1923年に歴史的災害でもある「関東大震災」に直面。もちろん当時の精工舎も大きな打撃を受け、社屋や工場は全焼する危機に見舞われるものの、翌年12月、時計の販売を再開します。

「精巧な時計を作る」

 1924年、その想いを込めて初めて「SEIKO」の名を冠した腕時計が誕生しました。

 そこでまず、2024年1月12日に登場するSEIKOブランド100周年記念限定モデルである「セイコー プレザージュ SART001」の魅力を、創業の地である銀座の文化などをめぐりながら紹介します。

●初めて「SEIKO」の名を冠した腕時計を継ぐセイコー プレザージュの新作

  • (左)SEIKOブランド100周年記念<セイコー プレザージュ>服部金太郎 限定モデル SART001
  • (右)1924年に誕生した「SEIKO」ブランド初の腕時計

 新作となる「セイコー プレザージュ SART001」は、「SEIKO」の名を初めて冠した腕時計にオマージュを捧げる一本。メインとサブダイヤルでは、たっぷり墨を含ませた筆で描いたようなアラビア数字のインデックスを配し、中央には当時の書体を復刻させた「SEIKO」ロゴが見えます。

 ダイヤル素材にはセイコー プレザージュのクラフツマンシップシリーズでおなじみの「琺瑯(ほうろう)」ダイヤルを採用。針の根本などといった窪みに琺瑯ならではの立体感と、トロリとした釉薬の質感が味わえるのがポイント。

  • 引き通しのレザーストラップに特徴的なラウンドフォルムのケースがよく引き立つ

 また、引き通しになっているレザーストラップもレトロな本作にマッチしており、サイドから見ると丸みを帯びたケース形状がよくわかり、大きめのりゅうずのデザインとも相まって、さながら懐中時計のような雰囲気も醸し出しています。

●“銀ブラ”に代表されるアーバンライフにマッチする大人らしい腕元

 さて服部時計店は現在、「銀座・和光 」として多くの人の往来がありますが、セイコーはこうした銀座のカルチャーを明治期より支えたという歴史を持っています。

 そこで新作の「セイコー プレザージュ SART001」を身に着けて行く場所を考えるとき、やはり銀座の街歩きは外せません。

 銀座・和光のそばを通って、とある路地に入るとレトロモダンなお店を見つけました。

  • フランス料理の名店「銀座みかわや」でランチをいただく

 ふらりと入ると、格式高い内装や本格フレンチのメニューが目に飛び込んできます。普段はカジュアルなお店に行くことが多いですが、相棒であるセイコー プレザージュのおかげで心強い。店内の雰囲気を十分に楽しめます。

 創業から75年を超えるこの「銀座みかわや」は、親しみやすいが決して妥協しない洋食をいまも作り続けているそう。またフランス料理といってもハンバーグステーキ、かにクロケット、ハヤシライスなど今ではファミリーレストランでも食べられるメニューが主力。

 とはいえ、昭和初期には高級ホテルのレストランでメインとなっていたメニューで、厳選された食材と自家製ソースを使ったまごうことなき本物のフランス料理を堪能できます。

  • 2~3週間かけて丁寧に作ったデミグラスソースをベースにウスターソースなどを加えて作りあげたハヤシライス(3200円)

●これからの100年に向けた「輝かしい未来に向けて」

 歴史ある歌舞伎座、銀座三越はもちろん、新たなランドマークとしてにぎわうGINZA SIXなど、東京を代表する文化の集まる街・銀座を一緒に歩いた「セイコー プレザージュ SART001」は、レトロ顔に反して最新のキャリバー「6R5H」を搭載しています。

 最大巻き上げで3日間は動き続ける約72時間のパワーリザーブを持つ最新モデルとなっており、セイコーの「未来」へとつながる技術が詰め込まれています。

 これまでの100年、そしてこれからの100年に向けて一歩を踏み出すアニバーサリーなセイコー プレザージュの新作。登場を心待ちにしたいですね。

※衣装協力:アンフィーロのモックネックT/7990円、ワイドパンツ1万7990円(問:オンワード樫山)、テクネのトートバッグ/4万4000円(問:カナル)、そのほかスタイリスト私物

 セイコー プレザージュの詳細はこちら 

 セイコーオンラインストアはこちら 

Gallery 【画像】おしゃれな「セイコー プレザージュ」新作のディテールと銀座カルチャーを写真で見る(13枚)

RECOMMEND