VAGUE(ヴァーグ)

複雑な工程を経てたどり着く、ほのかに青白く光る琺瑯モデル

<SARD017>
セイコー腕時計110周年記念限定モデル
セイコー プレザージュ クラフツマンシップシリーズ
・自動巻(手巻つき)、キャリバー(6R24)、SSケース、カーフレザーストラップ、10気圧防水、ケースサイズ(厚さ:12.8mm、横:40.2mm、縦:48.0mm)
・価格(消費税込):19万8000円/世界限定:1500本(うち国内:300本)

  • 上品かつ青みがかった陶磁器のような白いダイヤルに、視認性の高い青針が映える。曜日、カレンダー、残り駆動時間を示すパワーリザーブインジケーターを搭載

 そもそもホーローとは、金属の表面にガラス質の釉薬(ゆうやく・うわぐすり)を焼き付けた素材であり、主に食器や調理器具に使われています。前述のローレルをオマージュした「SARD017」は、ダイヤル素材にホーローを採用しているのが大きな特徴です。

「ホーローといってもキッチン関係と違い、時計に使うとなるとケースに収める必要があります。数字で言うと800ミクロン以下。その範囲に厚みを抑えないといけないのが難しいところです」

 そう話すのは、ホーロー職人の横澤 満氏。50年以上のキャリアを持ち、わずか0.01mm刻みの仕上がりを見抜く眼力を持つ匠(たくみ)でもあります。その横澤氏は20年以上、セイコーのダイヤル製作に携わってきました。

 新作となる「SARD017」にも多大な苦労をされているとのことで、その工程としては大きく分けて6つに分かれます。

  • 琺瑯職人・横澤 満氏。1971年(昭和46年)、富士ホーロー株式会社へ入社。50年以上、ホーローに携わり続けているベテラン職人。これまでに培ってきた実績を数値として捉えることで、高い品質を持った製品造りの再現性を高めることに成功しているだけでなく、豊富なノウハウの蓄積により、塗布面の厚さ、わずか0.01mm刻みの仕上がりを見抜く眼力を持つ匠

 製品の原型を作る「素地成形加工」が終わったら横澤氏のもとへダイヤルが送られ、原型となる金属の油分を抜く「前処理」→ダイヤル表面に塗布する「釉薬の製造」→実際にスプレーガンで塗布する「くすり掛け」→うわぐすりを塗ったダイヤルを乾燥させて炉で焼く「焼成」→仕上がった製品を「検査・検品」という流れ。

 いずれも難易度が高く、とくに焼成の工程においては季節による温度・湿度変化、それにともなう焼成の時間、釉薬を吹き付けるときのミクロン単位の加減など、すべて五感をフルに働かせて見極めているそうです。

「ホーローならではの美しさを感じられるのが、小さな針を備えた段差の切れ目の部分。光を受けると艶(つや)のある光沢が見られます。薄い部分は割れやすくなりますし、強度を保ちつつ美しく仕上げるこだわりが詰まっています」

 横澤氏とセイコーとの関係は、すでに20数年とのことで、今回の110周年モデル製作依頼についても、もはや“あうんの呼吸”なのでは?と聞いたところ、

「いや、セイコーさんの求める精度は非常に高くて、毎回チャレンジです。もはや楽しさはなくて、苦しいだけです(笑)」

 横澤氏は冗談交じりに話してくれましたが、やはり相当な産みの苦しみを味わっているようです。しかし、ダイヤルに文字が印刷され、針が装着されると「ああ、こうやって皆さんのもとに届くんだなと思うと、喜びが湧いてきます」と、それまでの苦労も報われると言います。

「大変な苦労を重ねて、細かいところまでこだわった作品ですから、やはり『時間を大切にする人』に身に着けてもらいたいですね」

Next>>続いて「漆」ダイヤルの魅力とは?
Gallery 【画像】匠の技とセイコーの伝統110周年が詰まったセイコー プレザージュを見る(10枚)

page

RECOMMEND