VAGUE(ヴァーグ)

ホンダのスクーター「ADV160」にトレンドの“くすみカラー”が新登場! 個性的なアドベンチャースタイルに都会的な洗練をプラス

力強く快適な走りを実現するシティアドベンチャー

 ホンダから、アドベンチャースタイルの個性的な軽二輪スクーター「ADV160」の2024年モデルが2023年12月14日に発売されます。

 都会的な印象のパールボスポラスブルーをカラーラインナップに加え、継続色のマットダリアレッドメタリック、パールスモーキーグレー、マットガンパウダーブラックメタリックの全4色で展開されます。

アドベンチャースタイルが個性的なホンダのスクーター「ADV160」に新色パールボスポラスブルーを設定した2024年モデルが登場
アドベンチャースタイルが個性的なホンダのスクーター「ADV160」に新色パールボスポラスブルーを設定した2024年モデルが登場

「ADV160」の特徴について、ホンダモーターサイクルジャパン 広報・モータースポーツ課の名田さんは次のように話します。

「『ADV160』は、高剛性のダブルクレードルフレームに燃費性能に優れた156ccの水冷4ストローク4バルブ単気筒エンジンを搭載し、力強く快適な走行性能を実現させています。

 足つき性に配慮してシート高は780mmに設定。高剛性フレームと相まって軽快なハンドリングと日常での取り回しやすさに貢献します。ウインドスクリーンは2段階に高さ調整が可能で、常用域から高速走行時まで優れた防風性能を発揮します。

 また、すべりやすい路面での安心感に寄与する“Honda セレクタブル トルク コントロール(HSTC)”を搭載。さらに、液晶メーターはタコメーターや外気温度計を表示するなど機能性を追求するとともに、フロントインナーボックス内にUSB-Aソケットを標準装備して利便性を高めています」

●多彩な装備&テクノロジーがライダーに安心感を与える

 ホンダ「ADV160」は、アクティブなアドベンチャースタイルを表現した外観デザインが特徴です。

 フロント回りは、デュアルLEDヘッドライトと存在感ある面構成のカウルでタフな印象に仕上がっています。

 一方のリア回りは、テールランプの内側に浮かび上がるX型発光ラインにより、クロスオーバーなイメージと個性を追求。また、シャープな形状のLEDウインカーとスリムなリアフェンダーが軽快でアクティブなイメージを演出します。

 加えて、跳ね上げた角度にレイアウトされたマフラーも、タフなアドベンチャースタイルを強調するのにひと役買っています。

 走行性能においては、“eSP+”を搭載したエンジンが力強い走りと優れた燃費性能を実現します。“eSP”とは、enhanced(強化された、価値を高める) Smart(洗練された、精密で高感度な) Power(動力、エンジン)の略で、性能や品質を向上させながら、軽量、コンパクト、低コストを達成。

 また、実用性の高い出力特性と優れた耐久性、静粛性や上質感といった高性能、さらに低燃費性能を実現した小型スクーター用エンジンに仕上がっています。

 軽快感と安定感を両立するフレーム、車体との一体感を追求したテーパーバーハンドル、上質な乗り心地を提供するサスペンション、デザインと操作性を両立するホイールも装備。

 加えて、フロントのみが作動する1チャンネルABSや、専用開発したブロックパターンのチューブレスタイヤを搭載するなど、さまざまな路面状況で快適な走りを実現します。

 そのほか、後輪への駆動力を必要に応じて制御し、スリップしやすい路面での安心感を提供する“Honda セレクタブル トルク コントロール(HSTC)”の搭載もポイント。

 ホンダ「ADV160」は、都市での使い勝手と高い走破性を両立した注目のシティアドベンチャーといえそうです。

●製品仕様
・価格(消費税込):47万3000円
・カラー:パールボスポラスブルー、マットダリアレッドメタリック、パールスモーキーグレー、マットガンパウダーブラックメタリック
・車両サイズ:全長1950×全幅760×全高1195mm
・ホイールベース:1325mm
・シート高:780mm
・車両重量:136kg
・エンジン:水冷4ストローク単気筒OHC4バルブ
・総排気量:156cc
・最高出力:16ps(12kW)/8500rpm
・最大トルク:15Nm/6500rpm
・燃料タンク容量:8.1リットル

Gallery 【画像】「えっ!…」ブルーの新色が都会的! ホンダのスクーター「ADV160」を写真で見る(16枚)
通勤ラッシュで「前抱え」はどうなの!? 持ち方問題に賛否! みんなの意見は?

RECOMMEND