VAGUE(ヴァーグ)

トヨタ新「ランドクルーザー70」発売 9年ぶりに日本で復活したランクル70はディーゼル+6速ATを新搭載

204馬力・500Nmを発生する2.8リッターディーゼルを搭載

 トヨタ自動車(トヨタ)は2023年11月29日、「ランドクルーザー70」を発売しました。

日本で発売されたトヨタ「ランドクルーザー70」
日本で発売されたトヨタ「ランドクルーザー70」

 ランドクルーザー(ランクル)は、トヨタBJ型として1951年8月1日に誕生し、シリーズとして生誕72周年を迎えました。

 以来世界中で人気となり「どこへでも行き、生きて帰ってこられるクルマ」として信頼性・耐久性・悪路走破性の継承と進化を続け、現在までに約170か国の国と地域で、累計1130万台を販売しています。

 ランクル70系は、1984年にそれまでのランクル40系の後継として登場したモデルです。

 日本においては、2004年に販売が終了しましたが、オーストラリアなど一部市場では現在も販売されており、その質実剛健さや信頼性で、世界ではランクルといえばまだこの70系を指す国が多いといいます。

 また、日本で2014年に発売30周年を記念し、「4ドアバン(76系)」に加え、日本国内のランクルシリーズとしては初の「ダブルキャブ ピックアップ(79系)」を、翌2015年6月までの期間限定で再販されました。

 今回、9年ぶりに再再販されるランクル70は、4ドアモデルのみとなります。

 フロントには丸型ヘッドライトを採用、ヘビーデューティーな雰囲気の中にクラシカルな印象を与えています。9年前に期間限定で再販されたランクル70は角型のヘッドライトだったため、見た目の印象はかなり異なるのが特徴です。

 ボディサイズは全長4890mm×全幅1870mm×全高1920mmと、2014年に再販された4ドアバンと比較して全長は80mm延長。ホイールベースは従来型と同等の2730mmです。

 パワートレインには、従来の4リッターV型6気筒ガゾリンエンジンに代え、204馬力・500Nmを発生する2.8リッター直列4気筒ディーゼルターボ「1GD-FTV」型エンジンに一新。高トルク・高出力を兼ね備えたディーゼルエンジンならではのタフなオフロード性能を確保しながら、低騒音・静粛性への配慮、また燃費性能の向上にも取り組んでいます。

 組み合わされるトランスミッションは6速ATです。ちなみに9年前に再販されたランクル70は、5速MTのみでした。
 
 耐久性に優れ信頼度の高いラダーフレームを継続して採用するなど、優れたオフロード走破性を維持しながら、さらにオンロードでの乗り心地も向上しています。

 ランドクルーザー70「AX」の消費税込みの車両価格は480万円です。登録は3ナンバーとなります。

Gallery 【画像】無骨でカッコいい! 復活した「ランクル70」を写真で見る(51枚)
通勤ラッシュで「前抱え」はどうなの!? 持ち方問題に賛否! みんなの意見は?

RECOMMEND