VAGUE(ヴァーグ)

レーサーレプリカを思わせるルックスが迫力満点! ヤマハ「XSR900GP」が市販に向けて実車展示!! エンジンは力強い3気筒を搭載

ルックスは往年のGPマシンをオマージュ

 ヤマハ発動機は大阪、東京、名古屋で開催されるモーターサイクルショー2024の出展概要を発表。市販予定モデルとして「XSR900GP」を展示すると明らかにしました。

モーターサイクルショー2024にヤマハ発動機が市販予定モデルとして展示する「XSR900GP」
モーターサイクルショー2024にヤマハ発動機が市販予定モデルとして展示する「XSR900GP」

 ヤマハの「XSR900GP」は、ジャパンモビリティショー2023で実車が世界初公開されたカフェレーサー。その後、EICMA 2023(ミラノショー2023)でも展示されるなど、世界中のバイク好きから注目を集めています。

「XSR900GP」の最大の特徴は、1980年代のGPファクトリーマシンを想起させるハーフタイプのカウルをまとっていること。世界初公開となったジャパンモビリティショー2023では、1980年代のグランプリマシン「YZR500」と並べて展示され話題となりました。

「XSR900GP」の開発コンセプトは“The Embodiment of Yamaha Racing History(ヤマハレースヒストリーの体現者)”で、カウルデザインは「YZR500」をオマージュしたもの。ヤマハが世界最高峰のロードレースで培ってきた歴史とスピリッツを表現しています。

 この1980年代のGPマシンに近い「XSR900GP」のエクステリアは、当時のバイクブームを知る世代の人には刺さるデザインといえそうです。

 ちなみにEICMA 2023では、ハーフタイプのカウルに加えて、エンジン部分までカバーしたフルカウルバージョンも展示されました。市販時にはどのようなスタイルとなるのか、興味が尽きません。

●最新のスーパースポーツに通じる電子制御デバイス

「XSR900GP」に搭載されるエンジンは、890ccの3気筒。最高出力は119psを発生します。

 タイヤにはブリヂストンのスポーツラジアル「バトラックスS23」を装着。これに伴い、前後サスペンションはバネ定数や減衰特性のリセッティングがおこなわれています。力強いエンジンをつくり込まれた足回りを駆使して楽しめる仕立てに注目です。

 そんな「XSR900GP」には、クルーズコントロールやトラクションコントロールといった最新の電子制御デバイスも搭載。メーターには5インチのフルカラーTFTが採用されるなど快適性も向上しているほか、USB-Cソケットなど便利機能も備わっています。

 だからといって「XSR900GP」は、ヤワなバイクではありません。ハンドルの位置は「XSR900」より下げられ、それに伴いよりスポーティなライディングポジションとなっています。また車体も、剛性がアップされています。

* * *

 GPマシンを想起させるルックス、峠道を気持ちよく駆け抜けられる力強いエンジンと軽快なハンドリング。それらをひとつに融合したヤマハ「XSR900GP」は、モーターサイクルショー2024でも注目のバイクとなりそうです。

Gallery 【画像】「えっ!…」これは“公道を走れるレーシングバイク”か!? ヤマハ「XSR900GP」を写真で見る(11枚)
通勤ラッシュで「前抱え」はどうなの!? 持ち方問題に賛否! みんなの意見は?

RECOMMEND