VAGUE(ヴァーグ)

驚異の薄型設計! リッチな素材と配色にイタリアらしいセンスが光るブルガリ「オクト フィニッシモ」新モデルの魅力とは

●業界に革命を起こし続ける“オクト フィニッシモ”の最新作

 ブルガリのメンズウォッチにおいて、“ブルガリ・ブルガリ”と並んでブランドの顔となっているのが“オクト”コレクション。

 スポーティな八角形のシルエットと洗練された個性が多くの支持を集める人気シリーズですが、中でも新作がリリースされるごとに愛好家の視線を集めているのが、驚異的な薄型設計で知られる“オクト フィニッシモ”です。

 初代モデルが登場したのは2014年。110面ものファセットで構成された5.15mm厚ケースに、極薄手巻きムーブメントを収めた初代モデルはそれだけで衝撃的なものでしたが、さらに同年、スイス伝統の時計製造技術をわずか5mmの極薄ケースに凝縮させた「オクト フィニッシモ トゥールビヨン」を発表。

 以降2022年までの8年間で8つもの薄型記録を樹立、この間に栄えある“ジュネーブ・ウォッチメイキング・グランプリ(GPHG)”を3つのモデルで受賞するなど、時計業界に常に新鮮な驚きを与えてきたコレクションです。

ブルガリを象徴する深いブルーのサンレイダイヤルにゴールドを合わせた豪奢な「イエローダイヤル」。発売は2024年6月予定
ブルガリを象徴する深いブルーのサンレイダイヤルにゴールドを合わせた豪奢な「イエローダイヤル」。発売は2024年6月予定

●イタリアらしい洒脱なセンスを感じさせる素材とカラーが新鮮

 そんな“オクト フィニッシモ”からこの春登場するのは、2017年のGPHGに輝いた自動巻きモデル「オクト フィニッシモ オートマティック」をベースにした2つの新作モデル。

 まず「オクト フィニッシモ イエローゴールド」は、豪奢な輝きを放つイエローゴールドをケースの素材に採用、さらにダイヤルにはブランドのシグネチャーカラーである鮮やかなブルーのサンレイダイヤルを大胆に組み合わせたラグジュアリーなモデル。

 古代建築を思わせる幾何学的な“オクト”のシルエットと、ヴィンテージ感漂うイエローゴールドは相性ぴったり、2023年に50本限定でアメリカ市場に先行発売されたモデルが満を持して世界市場に登場します。

 一方、「オクト フィニッシモ タスカンコッパー」は、904Lステンレススティール製のケースにコッパーカラーのサンレイダイヤルを組み合わせたもの。独特のダイヤルカラーは、16世紀半ばから末期にかけて、ルネサンスの最盛期とバロック初期の合間に見られたマニエリスム様式の絵画からインスピレーションを得たもの。

 メタリックな質感を感じさせるサーモンカラーに、イタリアンブランドならではの審美性を漂わせます。

 いずれのモデルもケースサイズは40mm径・6.4mm厚で、シースルーバックになった裏ぶたからは60時間のパワーリザーブを備えた自社製極薄ムーブメント・“キャリバーBVL 138”の姿を望むことが可能。それぞれにイタリアらしい洒脱なセンスを感じさせる、魅力あふれるタイムピースです。

●製品仕様
「ブルガリ オクト フィニッシモ イエローゴールド」
品番:103812
価格(消費税込):690万8000円
ケースサイズ:径40mm、厚さ6.4mm
ケース:イエローゴールド
ブレスレット:イエローゴールド、フォールディングクラスプ 
ムーブメント:機械式 自動巻きムーブメント BVL138
駆動時間:パワーリザーブ60時間
防水性能:100m防水
発売予定時期:2024年6月

「ブルガリ オクト フィニッシモ タスカンコッパー」
品番:103856 
価格(消費税込):205万7000円
ケースサイズ:径40mm、厚さ6.4mm
ケース:ステンレスティール
ブレスレット:ポリッシュサテン仕上げ ステンレスティール、フォールディングクラスプ 
ムーブメント:機械式 自動巻きムーブメント BVL138
駆動時間:パワーリザーブ60時間
防水性能:100m防水
発売予定時期:2024年2月

Gallery 【画像】ブルガリ「オクト フィニッシモ」らしい極薄ケースを写真で見る(11枚)
通勤ラッシュで「前抱え」はどうなの!? 持ち方問題に賛否! みんなの意見は?

RECOMMEND