VAGUE(ヴァーグ)

予約殺到! “普通二輪免許で乗れる”トライアンフ「スピード400」の価格がついに決定!! デリバリーは2024年1月下旬を予定

コストパフォーマンスにも優れた1台

 英国最大のバイクブランドであるトライアンフから2023年6月に発表された中型セグメントの最新モデル「スピード400」。「普通二輪免許で乗れるトライアンフ」として、大きな話題を呼んでいた同モデルの価格が、69万9000円(消費税込)と正式に発表されました。

普通二輪免許で乗れる身近なトライアンフ「スピード400」の価格が決定。デリバリーは2024年1月下旬を予定している
普通二輪免許で乗れる身近なトライアンフ「スピード400」の価格が決定。デリバリーは2024年1月下旬を予定している

「スピード400」はエンジンやプラットフォームをイチから設計し、あらゆる年齢や経験を持つライダーが楽しく、俊敏で自信に満ちた走りを味わえるようにつくられているのが特徴です。

 さらに、低ランニングコスト、クラストップレベルの1万6000km/12か月の点検インターバル、走行距離無制限の2年保証などがついており、コストパフォーマンスにも優れています。

「『スピード400』に対する反響は驚異的で、世界中のお客さまが価格発表を待ち望んでいました。私たちは『スピード400』を可能な限り入手しやすく、競争力のあるものにしたいと考えており、購入にかかるイニシャルコストとランニングコストの両方において、信じられないほどの価値を提供していると信じています。あらゆる市場の潜在的な顧客を驚かせ、興奮させることを願っています。

 すでに各国から注文が殺到しており、2024年1月下旬から販売店に到着する予定です。新世代のトライアンフのライダーが、トライアンフの象徴的なスタイル、品質、パフォーマンスをすぐにお楽しみいただけると確信しています」(トライアンフ チーフ・コマーシャル・オフィサー ポール・ストラウド氏)

●高い操縦性と快適な乗り心地を実現

「スピード400」は新しい“TRシリーズ”エンジンを搭載しています。

 トライアンフのトレードマークであるモダンクラシックなスタイルと、最先端のエンジニアリングが融合した最新のフューエルインジェクション式・水冷398cc単気筒エンジンは、ハイレスポンスと快適なパワー特性、躍動感ある豊かで個性的なエグゾーストサウンドを実現し、クラス最高レベルのパフォーマンスを発揮します。

 組み合わされる6速トランスミッションは、軽くて正確なギヤ選択が可能。この個性的でトルクフルなエンジンを最大限に活かすことができるよう、絶妙なチューニングが施されているのもポイントです。

 そして、軽快で俊敏な走りを楽しめるだけでなく、ダイナミックで快適な乗り心地も見逃せません。

 快適性と操縦性を追求し、シート高は790mmに設定。171kgという軽量な車体と相まって、低速でのハンドリング性能と足つき性に優れたライディングが可能です。

 また、43mmの大型ビッグピストン倒立フロントフォークや、外部リザーバーつきモノショック式リアサスペンションユニット、軽量な17インチホイール、ロードスター専用のホイールベースなどを採用しており、ニュートラルなライディングポジションを実現。

 トライアンフの特徴である優れた操縦性とダイナミックなハンドリングを堪能できる1台に仕上がっています。

●製品仕様
・価格(消費税込):69万9000円
・カラー:カーニバルレッド、カスピアンブルー、ファントムブラック
・サイズ:全幅814mm(ハンドル含む)、全高1084mm(ミラー含まず)
・ホイールベース:1377mm
・シート高:790mm
・重量:170kg
・エンジン:水冷単気筒DOHC4バルブ
・総排気量:398.15cc
・最高出力:40ps(29.4kW)/8000rpm
・最大トルク:37.5Nm/6500rpm
・燃料タンク容量:13リットル

Gallery 【画像】普通二輪免許で乗れる身近なトライアンフ「スピード400」を写真で見る(30枚)
クリスティアーノ・ロナウドも愛用するApple Watchケースブランドとは(PR)

RECOMMEND