VAGUE(ヴァーグ)

新色イエローは街にも野山にも映える! ホンダ「CT125・ハンターカブ」の2024年モデルで外遊びがもっと楽しくなる

アウトドアでも市街地でも映えるトレッキングバイク

 ホンダから「CT125・ハンターカブ」の2024年モデルが登場。発売は2023年12月14日が予定されています。

 2024年モデルは市街地や郊外で映える新色ターメリックイエローをラインナップに加え、継続色のグローイングレッド、マットアーマードシルバーメタリックと合わせた全3色のカラーバリエーションで展開されます。

カラーバリエーションに新色ターメリックイエローを加え、ますます魅力がアップしたホンダ「CT125・ハンターカブ」の2024年モデル
カラーバリエーションに新色ターメリックイエローを加え、ますます魅力がアップしたホンダ「CT125・ハンターカブ」の2024年モデル

 力強い印象を与えるスタイリングに加え、大型の専用リアキャリアを装備した本モデルは、趣味の外遊びへ出かけるのに最適な1台。そんな「CT125・ハンターカブ」のポイントについて、ホンダモーターサイクルジャパン 広報・モータースポーツ課の名田さんは次のように話します。

「『CT125・ハンターカブ』は、『スーパーカブ』シリーズの魅力である市街地での普段使いにおける気軽さや利便性、機動性に加えて、タフな印象のスタイリングや日常での扱いやすさを実現しています。

 また、ツーリングやトレッキング用途に対応した本格的で充実した装備などの魅力から、さまざまなアウトドアレジャーへの移動手段などとしてもご好評を得ています。

 ビギナーから大型スポーツモデルを保有するベテランライダーのセカンドバイクとしてまで、幅広い年齢層に支持されているのもポイントです」

●力強い走りと快適な乗り心地を両立

「ハンターカブ」として長く親しまれてきた「CT110」の機能的なスタイルを継承しながら、装備や性能のひとつひとつに磨きをかけた「CT125・ハンターカブ」。ツーリングやトレッキング、さらには日常生活まで、現代の多様なライフスタイルになじむ1台に仕上がっています。

 かつてのCTを想起させるアップマフラーを搭載しており、エキゾーストパイプとマフラーには力強い雰囲気を生むプロテクターを装備。また、自然の中での走行を楽しめるようホコリなどの吸入を低減するハイマウント吸気ダクトを備えており、サイドエアクリーナーとともにCTならではのスタイルを追求しています。

 エンジンには、低・中速域での力強さとともに、環境性能を向上させた新ユニットを搭載。さらに、独自の吸排気システムによって小気味いい鼓動感のエンジンフィールとスロットル操作のダイレクト感を追求しています。エンジンに飛び石などによる損傷を低減するアンダーガードを装備し、荒れた路面を走るトレッキング走行などでの安心感も高めているのも魅力です。

 前後輪のディスクブレーキは、荷物を積んだときやタンデム時にも高い制動力を発揮。フロントには1チャンネルABS(アンチロック・ブレーキ・システム)を装備しており、いつでもしっかり止まれる安心感を提供してくれます。

 そして、シート高やホイールベースを吟味し、リラックスした姿勢をとれるアップハンドルとすることで、見晴らしのよいライディングポジションを実現。自然豊かな風景を眺めながら、ゆったりと気持ちいい走りを楽しめるのが特徴です。

●製品仕様
・価格(消費税込):44万円
・カラー:ターメリックイエロー、グローイングレッド、マットアーマードシルバーメタリック
・車両サイズ:全長1965×全幅805×全高1085mm
・ホイールベース:1260mm
・シート高:800mm
・車両重量:118kg
・エンジン:空冷4ストローク単気筒OHC
・総排気量:123cc
・最高出力:9.1ps(6.7kW)/6250rpm
・最大トルク:11Nm/4750rpm
・燃料タンク容量:5.3リットル

Gallery 【画像】「えっ!…」イエローの新色がおしゃれすぎる! ホンダ「CT125・ハンターカブ」の新作を写真で見る(20枚)
通勤ラッシュで「前抱え」はどうなの!? 持ち方問題に賛否! みんなの意見は?

RECOMMEND