VAGUE(ヴァーグ)

210馬力のホンダVTECエンジン搭載!? 英国で魔改造された1972年式クラシック・ミニはまさに“リアル・チョロQ”だ

羊の皮を被ったクラシック・ミニが英国オークションに登場

 初代ミニ(クラシックMini)に、ホンダの刺激的なスポーツエンジンであるVTECエンジンを組み合わせたクルマが、イギリスのオークションに出品されて注目を集めました。

英国オークションに登場した、“魔改造”された1972年式モーリス・ミニ
英国オークションに登場した、“魔改造”された1972年式モーリス・ミニ

 数あるクラシックカーのなかでも人気の高い初代ミニは、コンパクトながらもおしゃれなデザインで、マニアだけでなくクルマにさほど興味のない人にも指名買いされるほどです。

 初代ミニは、1959年にイギリスの自動車会社、BMC(British Motor Corporation)が「オースチン・セブン」と「モーリス・ミニ・マイナー」という車名で販売しました。

 1969年にはジョン・クーパーが開発に参加し、ワイドタイヤとエンジンの出力を向上した「ミニ・クーパー」が誕生します。

 その後、1982年には社名を「オースチン・ローバー」に変更し、2001年まで「ローバー・ミニ」として販売されました。

 約40年以上のあいだ生産された初代ミニは、排気量こそ850㏄から1300㏄と幅広いですが内外装の変更はほとんどなく、デザインとコンセプトに優れた1台といえるでしょう。

搭載エンジンは英国シビック用の「B18C4型」VTEC。210馬力まで高められているという
搭載エンジンは英国シビック用の「B18C4型」VTEC。210馬力まで高められているという

 そして、今回出品された初代ミニには、ホンダのスポーツエンジンでお馴染みのVTECが搭載されています。

 VTECはホンダ独自の可変バルブタイミング・リフト機構のひとつで、低速カムと高速カムを切り替えることで、扱いやすさを追求しながら低回転から太いトルクと高回転での高いピークパワーを両立したエンジンです。

 初採用は1989年に誕生した2代目「インテグラ」に搭載されたB16A型(1.6リッター直列4気筒DOHC)で、最高出力は160馬力と、NAエンジンとしては驚異的なリッターあたり100馬力を達成した初めての量産車です。

 その後は「アコード」や「NSX」など多くのモデルに採用されるほどになり、ホンダの代名詞となっています。

Next驚きの価格で落札された魔改造ミニ
Gallery 【画像】「えっ…!?」これってチョロQ!? ホンダVTEC搭載のミニを写真で見る(30枚)
通勤ラッシュで「前抱え」はどうなの!? 持ち方問題に賛否! みんなの意見は?

page

  • 1
  • 2

RECOMMEND