VAGUE(ヴァーグ)

グリーンの輝きに高精度なクロノグラフがカッコいい! スイスの名門ゼニスが誇る「エル・プリメロ」搭載の最新モデルがお目見え

●コレクション初のラバーストラップモデルも登場

 その高い技術力により腕時計の歴史を牽引してきたゼニス。自ら“Master of Chronographs”を標榜するスイスの名門を象徴するのが、世界最高峰の精度を持つと言われるクロノグラフムーブメントのエル・プリメロ。

スポーティな雰囲気と鮮烈さがより際立つラバーストラップのモデルも(141万9000円 消費税込)
スポーティな雰囲気と鮮烈さがより際立つラバーストラップのモデルも(141万9000円 消費税込)

 今回、そのエル・プリメロの最新バージョンを搭載して登場するのが「CHRONOMASTER SPORT GREEN(クロノマスター スポーツ グリーン)」です。

 セラミックベゼルと文字盤に美しいグリーンを採用したその姿は、フレッシュかつスポーティ。シーンを問わず腕元を印象的に彩る存在となることでしょう。

 ステンレススチールとグリーンとの共演が端正なモデルに加えて、バリエーションとして、コレクション初となる一体型ラバーストラップのモデルもラインナップ。

 このモデルのために特別に新開発されたFKMラバーによるストラップは、ケースと完全に一体化するようにデザインされ、アクティブな着用シーンにぴったりなモデルに。

 ムーブメントは最新バージョンとなるエル・プリメロ3600を搭載。5Hz(36000VpH)の高振動を誇り1/10秒も高精度で計測。パワーリザーブも約60時間へと進化を果たしています。

 さらにもうひとつ、ゼニス ブティック限定の特別エディションとして登場するのが、「CHRONOMASTER SPORT GOLD PRECIOUS STONE(クロノマスター スポーツ ゴールド プレシャスストーン)」。

 ケースもブレスレットも高級感漂うローズゴールドで包まれ、さらにベゼルではバゲットカットのホワイトダイヤモンド、ブラックスピネル、グレーとブルーのサファイアを贅沢に用いて、3つのカウンターと色彩が共鳴するように配置されています。

 そして、不思議なテクスチャが目を引く文字盤の素材はメテオライト。手作業による丁寧な仕上げの後、ゴールドに彩ることで、メテオライト特有のウィドマンシュテッテン模様を際立たせています。

 アワーマーカーまでもダイヤモンドが使われ、“眩いばかり”という形容詞に相応しいモデルとなっています。

●製品仕様
「CHRONOMASTER SPORT GREEN(クロノマスター スポーツ グリーン)」
・リファレンス:03.3119.3600/56.M3100
・ムーブメント:エル・プリメロ 3600
・振動数:毎時36000振動–5Hz
・パワーリザーブ:約60時間
・機能:中央に時針と分針。9時位置にスモールセコンド。1/10秒
・クロノグラフ:中央に10秒で1回転するクロノグラフ針、6時位置に60分カウンター、3時位置に60秒カウンター。
・仕上げ:サテン仕上げを施した新しい星形ローター
・価格(消費税込):149万6000円
・素材:ステンレススチール
・防水機能:10気圧
・ケース:41mm
・クリスタル:両面無反射コーティングのドーム型サファイアガラス
・裏蓋:シースルーサファイアガラス
・文字盤:グリーンラッカー仕上げ
・アワーマーカー:ロジウムプレート加工、ファセットカット、スーパールミノバ SLN C1を塗布
・針:ロジウムプレート加工、ファセットカット、スーパールミノバ SLN C1を塗布
・ブレスレット&バックル:メタルブレスレット、フォールディングバックル付き

Gallery 【画像】ゴールドに身を包む特別モデルも! ゼニスのクロノマスター新作を写真で見る(12枚)
通勤ラッシュで「前抱え」はどうなの!? 持ち方問題に賛否! みんなの意見は?

RECOMMEND