VAGUE(ヴァーグ)

ベントレーの電動化スケジュールが見えた! 2025年から毎年1車種ずつ5台のBEVが登場する

ところで、ファイブ・イン・ファイブ計画とは

 ベントレーファンおよびカスタマーにとって、もっとも関心が集まるであろう今後のラインナップの充実も、ビヨンド100戦略では重要な課題だ。

ベントレーは、「ビヨンド100」戦略をさらに加速させる「ファイブ・イン・ファイブ」計画を発表した
ベントレーは、「ビヨンド100」戦略をさらに加速させる「ファイブ・イン・ファイブ」計画を発表した

●これから5車種のモデルが誕生

 ベントレーはラグジュアリーハイブリッドセクターの先駆者としての地位をより強力なものとするために、すでに2022年には「フライングスパーPHEV」の発売を決定しているし、「ベンテイガPHEV」もすでに市場での話題を大いに独占しているところ。

 今後は5車種の派生モデルが誕生し、2022年には販売台数の2割はPHEV車となる予定だ。

 そして、ファイブ・イン・ファイブ計画とは、2025年からの5年間でフルバッテリー車を合計5車種発売するという計画だ。毎年1車種ずつBEVがベントレーのラインナップに加わっていくことになるという。どのようなモデルが誕生するのか、今から楽しみだ。

* * *

「ビヨンド100戦略に関する今回の発表によって、輝かしい歴史を刻んできたベントレーは、大いなる変革に向けて本格的なスタートを切りました」と語るのは、同社のベントレーのCEO、エイドリアン・ホールマーク会長だ。

 氏はまた、「ベントレーは2030年までにエンドツーエンドのカーボンニュートラル達成を目指し、持続可能なラグジュアリーモビリティを牽引する自動車メーカーとして生まれ変わる」ともコメント。ここからの数年間、ベントレーというブランドの進化は、とても大きな話題となりそうだ。

ベントレー・フライングスパー のカタログ情報を見る

ベントレー・ベンテイガ のカタログ情報を見る

Galleryベントレーの本社のあるクルーの今昔を【画像】で見る(7枚)

page

  • 1
  • 2

RECOMMEND