VAGUE(ヴァーグ)

千葉・館山に誕生「ヤシの木と広大な芝生が心地いい」ビーチフロントの“南国キャンプフィールド”

美しい芝生や地形を活かしたキャンプサイト

「RECAMP 館山」は広大な敷地を活かし、さまざまなタイプのキャンプサイトを用意。ソロ、デュオ、家族連れ、愛犬といっしょに……など、利用シーンに合わせて選ぶことが可能。全サイトとも整えられた美しい芝生サイトで、素足で駆け回る気持ちよさを味わえる。

 また近日中に、レイクビューで非日常のロケーションと空間を楽しめるロフトタイプの「タイニーハウス」もオープン予定となっている。

「タイニーハウス」は開放的なデッキ部分でBBQなどの“キャンプメシ”を堪能できる
「タイニーハウス」は開放的なデッキ部分でBBQなどの“キャンプメシ”を堪能できる

●日帰りでも立ち寄れるダイナーやアクティビティ

「RECAMP 館山」は宿泊者だけでなく、人気のサーフスポットでもある平砂浦ビーチでサーフィンを楽しんだ後など、日帰りでも施設を楽しめるよう“キャンパーズダイナー”を新設した。

「オリジナルのプルドポークバーガーやコーヒーといったメニューをはじめ、手ぶらで楽しめるアメリカンスタイルのBBQを提供します。焚き火を囲みながら大きなフォークに刺した食材を焼くという、新しい“キャンプメシ”のスタイルも体験できます」(野口さん)

 加えて、近隣の事業者と提携し、サーフィンなど館山の自然を季節ごとに楽しめるさまざまなアクティビティも準備。さらにセンターハウスでは、幼児から参加可能なワークショップも用意される。

 そのほか、キャンパーの多様な要望をかなえる充実した品ぞろえの「キャンパーズショップ」も新設。ここでは、地域の自然環境に配慮し、調味料やビールなどを量り売りで提供する。このようなフードロスやプラスチックゴミの軽減といった取り組みを同施設では今後もつづけていくという。

 キャンプというと、専用のギアが必要といったイメージがあるが、「RECAMP 館山」ではテントなどがなくても手ぶらでキャンプを楽しめるプランを用意。自然のなかで過ごすことの楽しさを気づかせてくれる、ビギナーにも優しいキャンパーズフィールドだ。

●施設概要
・施設名:RECAMP 館山
・宿泊料金(消費税込):4500円~(フリーサイト、セミオートサイト)、5000円~(ドッグランサイト)ほか
・定休日:水曜&木曜

●アクセスほか
・住所:千葉県館山市布沼1210
・アクセス:富津館山道路「富浦IC」より約25分
 https://www.recamp.co.jp/recamptateyama

Gallery【画像】千葉・館山の美しい自然のなかで過ごせる新設キャンプ場を写真で見る(7枚)

page

  • 1
  • 2

RECOMMEND