VAGUE(ヴァーグ)

最新「ハゼ釣り」事情を調査! エサじゃなくてルアーでも簡単に釣れるって知ってた?

クランクベイトで土煙を上げハゼを誘う

 日本各地に生息するハゼ(マハゼ)は、江戸時代から人気の釣りモノ。ゴカイやイソメなどのエサを使った釣りが主流でしたが、「ハゼクラ」は“クランクベイト”と呼ばれるルアーを使用するという変わり種です。

●伝統のハゼ釣りをダイナミックにアップデート

 エサには似ても似つかないクランクベイトでハゼが釣れる理由は、水底の土煙を上げて泳ぐクランクベイトがハゼに、土煙の中でチラチラと揺れるフックがエサに見えているから。つまり、ライバルのハゼからエサを奪おうとして食いつくと考えられています。

 「ハゼクラ」に向くクランクベイトは、全長20~30mmで重さ3g程度のもの。最近ではハゼクラ向けにチューンされた専用モデルも数多く登場しています。

水底に生息するハゼを狙うので、リップの長いディープダイバータイプが主流。上級者はエサ釣り用の赤バリに交換して釣果を伸ばすのだとか
水底に生息するハゼを狙うので、リップの長いディープダイバータイプが主流。上級者はエサ釣り用の赤バリに交換して釣果を伸ばすのだとか

 実際の釣り方は、クランクベイトをボトム(水底)にコンタクトさせながら、土煙をあげてハゼを誘います。ハゼは沿岸や河口に多数生息していますが、ハゼクラで狙う場合はルアーの潜ることのできる、1メートル以下の遠浅のフィールドを選ぶのがコツです。

 ルアーが着水後すぐにリールを巻き、クランクベイトをボトムまで泳がせます。「コツン」とリップがボトムにコンタクトし始めたら巻く速度を緩め、ボトムを軽く撫でるよう意識してクランクベイトを引いてきます。

 ごく浅い水深にもハゼは生息し、ルアーを止めた瞬間に反応して食いつくこともあるので、足元まで気を抜かないのも大切。アタリは「ブルブル」や「ゴンゴン」というように明確に出ます。エサ釣りよりもアタリがダイナミックに出るのでかなり興奮します!

●ロッドやリールはトラウトやライトソルトを流用

 ロッドはボトムの感触を伝える感度と、食い込みの良いしなやかさを合わせ持つモデルが向いています。アジングやエリアトラウトをはじめ、バスやメバルなど、3~7g程度のルアーを扱える6~7フィート程度のライトなロッドがオススメです。

今回使用したタックルは、普段アジングに使っているリチャーズ「ペンタスティックPS2F 4LB-600R」(5万3500円)に、ダイワのスピニングリール「セルテート1000番(旧型)」の組み合わせ。ラインもアジング用のエステルをそのまま流用しました
今回使用したタックルは、普段アジングに使っているリチャーズ「ペンタスティックPS2F 4LB-600R」(5万3500円)に、ダイワのスピニングリール「セルテート1000番(旧型)」の組み合わせ。ラインもアジング用のエステルをそのまま流用しました

 リールは1000~2000番クラスの小型スピニングリール。ラインはPEやフロロ、エステルなどが使えます。牡蠣殻などの障害物が多いボトムほどよく釣れるので、リーダーには少し太めのフロロ1.5号が使いやすかったです。

▲水底に生息するハゼを狙うので、リップの長いディープダイバータイプが主流。上級者はエサ釣り用の赤バリに交換して釣果を伸ばすのだとか
▲水底に生息するハゼを狙うので、リップの長いディープダイバータイプが主流。上級者はエサ釣り用の赤バリに交換して釣果を伸ばすのだとか

 さて、撮影した日は大潮ということでハゼの活性も最高潮。一投ごとにアタリがあり、まさに“入れパク”状態。ルアーでこれほど気軽に魚に出会える釣りはそうありません。特別な道具をあれこれそろえなくても始められるのが魅力のハゼクラ。初心者にもかなりオススメの釣りなのです。

Gallery【画像】初夏の釣りアクティビティでは定番の最新ハゼ釣り事情(7枚)

RECOMMEND