VAGUE(ヴァーグ)

クーラーボックスの常識が変わる! 5層構造で優れた保冷力を実現した新ソフトクーラーの気になる実力

優れた保冷力を発揮する5層構造

 食材や飲料の保冷するためのクーラーボックスは、キャンプやBBQを楽しむ際の必須アイテム。ハードタイプとソフトタイプの2種類があるクーラーボックスですが、これまでは、保冷力で選ぶなら断然ハードクーラーというのが常識でした。

 しかし、アウトドアブランド・RATELWORKS(ラーテルワークス)から登場したソフトクーラー「AURORA SOFT COOLER(オーロラソフトクーラー)」は、そんな概念を打ち破ります。

5層構造とすることで抜群の断熱効果を実現したソフトクーラー「AURORA SOFT COOLER」
5層構造とすることで抜群の断熱効果を実現したソフトクーラー「AURORA SOFT COOLER」

「AURORA SOFT COOLER」は、厚さ20mmの高密度ポリウレタンフォーム層を含む5層構造が高い保冷力を発揮し、冷たいものを長時間、冷たいままキープできるのが魅力。2リットルのペットボトルが8本収まるMサイズと、500ミリリットルのペットボトルを最大17本収納できるSモデルの2種類がラインナップされます。

 保冷力に優れる「AURORA SOFT COOLER」の秘密について、RATELWORKSのブランドマネージャー・飯尾真史さんは次のように解説します。

「『AURORA SOFT COOLER』は、表面のナイロン生地、防湿・温度反射生地、高密度ポリウレタンフォーム、ポリエステル生地、PEVA(ポリエチレン酢酸ビニル)ライナーという5層構造になっています。なかでも第3層に配置された高密度ウレタンフォームは、厚さ約20mmと一般的なソフトクーラーの3倍以上確保し、高い断熱効果を発揮します」

 さらに表面のナイロン生地は、1680デニールと厚手。その裏面にはPVC加工(ポリ塩化ビニールコーティング)が施され、気密性を高めています。温度反射にも優れ、内部の保冷力もアップさせています。

●軽量性・携行性・収納性にも優れる

 バッグ型のソフトクーラーは、ハードタイプに比べて圧倒的に軽く、携行性に優れています。加えて、使わないときには折りたたんでスリムに保管できるのも美点です。

 その上「AURORA SOFT COOLER」は、中身に応じて3種類のフォルムに変形できるのが特徴。食材をつぶしたくないときには“ボックス型”に、中身がドリンクのみだったり、頻繁に出し入れしたりする場合は“トート型”のように使いわけられます。なお、付属のショルダーストラップを使えば肩から提げることも可能。使用後は折りたたんで“フラット”にすれば、保管の際に便利です。

 加えて、クーラーボックスとは思えないデザイン性の高さも「AURORA SOFT COOLER」の魅力といえるでしょう。

「デザインは、ミリタリーを意識しました。ただし、全面にミリタリーを強調したわけでなく、品のよさも意識したデザインとしました。そのため、いろんな方に使っていただけると思います」(飯尾さん)

 防水性に優れた「AURORA SOFT COOLER」は、バッグのなかを水洗いできるためメンテナンスも簡単。お手入れは、洗浄後、なかの生地を引っぱり出し、乾燥させるだけと簡単。カビの発生やにおい移りを防げるため、食材や飲料などもいつも安心して携行できます。

●製品仕様
■Sサイズ
・価格(消費税込):4980円
・使用時サイズ:約W35×D26×H28cm
・収納時サイズ:約W50×D6×H47cm(バックル、ポケット含む)
・容量:16リットル
・素材:ナイロン、PEVA、ポリエステル、ポリウレタン

■Mサイズ
・価格(消費税込):5980円
・使用時サイズ:約W55×D30×H30cm
・収納時サイズ:約W65×D6×H50cm(バックル、ポケット含む)
・容量:24リットル
・素材:ナイロン、PEVA、ポリエステル、ポリウレタン

Gallery【画像】キャンプやBBQを楽にする保冷力抜群のソフトクーラーを見る(11枚)

RECOMMEND