VAGUE(ヴァーグ)

まさにフランス版タイメックス! 幻のミリタリーウォッチ「ケルトン」って知ってる?

黄金期にはフランス人口の約8人に1本に相当する数の時計を販売していた

 “ケルトン”とは、1955年にフランスで誕生した老舗のウォッチブランド。フランス空軍のパイロット向けに腕時計を製造していた“VIXA(ヴィクサ)”を率いるステファン・ブーリエが、アメリカの時計メーカー“TIMEX(タイメックス)”の幹部に声をかけて誕生した。
 
 まだ第2次世界大戦から間もない当時。アメリカの時計メーカーに対する反発に配慮して、タイメックスの腕時計を“ケルトン”という新たなブランドでヨーロッパ市場へ投じた形だ。

 ちなみにブランド名は、ステファン・ブーリエがタイメックスの創業地であるアメリカ、コネチカット州のウォーターベリーを訪れた際に、エルトン・ホテル(アメリカの国家歴史登録財)にちなんで名付けたそうだ。

 そんなケルトンとタイメックスは、フランス時計製造の中心であるブザンソンに3つの工房を構え、のちに関連施設を7つ、約3000人のスタッフを擁するまでに成長。1972年には当時のフランスの人口の約8人に1本に相当する、400万本もの時計を販売していた。

 その後、クォーツショックを受けて1987年に操業を停止したケルトンは、2016年に同国のAs Conseil Group社によってブランドを再生。2018年にはFIFAワールドカップでフランスが優勝した際の公式記念ウォッチを手掛けている。

「9123222J」(1万6500円、消費税込)
「9123222J」(1万6500円、消費税込)

●数年間しか生産されなかった幻のCamperが復刻!

 さて、今回リリースされるKeltonの時計を見てみよう。写真を見てピンときた人も多いと思うが、「Jungle/Camper watch」(1万6500円、消費税込)は、TIMEXの代名詞ともいえるミリタリーウォッチ「Camper(キャンパー)」のケルトン版を復刻している。

 ケルトンのブランドネームが配されたキャンパーは、1970年代から工場が操業をストップする1987年までの数年間だけ製造され、フランス国内のみに出荷されたという幻のモデルだ。

 今回の復刻モデルは、オリジナルを忠実に再現しており、ムーブメントには手巻き式を採用。裏ブタが外せない一体型成形のケースは、戦地で修理しないことを前提に設計された当時のままとなっている。

 裏ブタにはブランドネームや製造年月をフランス語で刻印したミリタリーウォッチらしい当時の名残も。その他にも、アクリル風防や、引き通しタイプのナイロン製ストラップを採用。カラーはブラックとオリーブの2色を展開している。

 また、日本でのブランドデビューにあたり、1950年代のスクエア型のビンテージウォッチを型取りした、女性向けモデルの「Ladies‘50s」(2万2000円、消費税込)も登場。こちらはクォーツタイプとなっており、カラーはゴールドとシルバーの2色を展開。

 当時の空気まで伝わってくる、Keltonのこだわりを感じる復刻モデル。いずれも手の届きやすい価格も魅力的だ。

●製品仕様
「Jungle/Camper watch」
・価格(消費税込):1万6500円
・ケース径:36mm
・ケース素材:ABS樹脂
・ストラップ素材:ナイロン
・パワーリザーブ:35時間
・防水性:日常生活防水

■「Ladies‘50s」
・価格(消費税込):2万2000円
・ケースサイズ:幅18×縦28mm
・ケース素材:真鍮(メッキ加工)
・ストラップ素材:レザー
・防水性:日常生活防水

ケルトン公式サイト

Gallery【画像】オリジナルモデルのディテールを忠実に再現(8枚)

RECOMMEND