VAGUE(ヴァーグ)

絶景と美食を堪能できる! 箱根と熱海と伊豆を結ぶ「十国峠レストハウス」が複合観光施設にリニューアル

絶景だけではない複合型リゾート施設に変身

 富士山や南アルプス、駿河湾を臨める絶景スポットとして名高い十国峠(じゅっこくとうげ)。その山麓に位置するレストハウスがリニューアルオープンし、「森の駅 箱根十国峠」として生まれ変わりました。

晴天時は富士山や南アルプス、房総半島など360度の大パノラマを臨める上、地元食材を使ったグルメも堪能できる「森の駅 箱根十国峠」
晴天時は富士山や南アルプス、房総半島など360度の大パノラマを臨める上、地元食材を使ったグルメも堪能できる「森の駅 箱根十国峠」

 新たな観光スポットとして注目を集める新施設について、運営元である富士急グループの広報・椎名さんは次のように話します。

「『森の駅 箱根十国峠』は、富士急グループで4つ目となる“森の駅”として営業を開始しました。展望デッキのある山頂へ上っていく十国峠パノラマケーブルカーの乗り場や食事処、売店、トイレなどを兼ね備えた複合型観光施設です。

 今回のオープンに伴い、ケーブルカー乗り場の装いも新しくなりました。また、売店エリアには、ドライブやツーリングで訪れたり観光を楽しんだりと、幅広いお客さまのニーズにお応えできる魅力的な店舗がそろいました。

 なかでも、テイクアウト専門のショップ『とうげ ぐるめ』では、メニューを大きく一新。地元の沼津で獲れた肉厚でふわふわなアジを使った『沼津産アジフライ丼』や、富士山麓で育ったヘルシーな鶏ささみチャーシューと特製の濃厚鶏そぼろをダブルでトッピングした『富士の鶏チャーシュー丼』といった個性あふれるメニューが追加されています」

 このほか、サクサク食感がたまらない「由比港産桜えびのかき揚げバーガー」や、味にコクとうま味のある地元の高級ブランド牛“箱根西麓牛”を使った「サーロイン串」など、ここでしか味わえないこだわりのラインナップが並びます。

●山頂の新名所“十の国”を見渡せる展望テラス

「森の駅 箱根十国峠」のリニューアルに先駆け、2022年8月には、十国峠パノラマケーブルカーの「十国峠山頂駅」に、展望テラス「PANORAMA TERRACE 1059」がオープンしています。

「十国峠の名称は、昔の国名である伊豆、駿河、遠江、甲斐、信濃、相模、武蔵、上総、下総、安房という“十の国”が見渡せたことに由来しています。

 その名のとおり、晴れた日は山頂から富士山や南アルプス、駿河湾はもとより、房総半島や三浦半島まで見ることができます。遮るものがない360度の大パノラマをお楽しみいただける絶景スポットです」(椎名さん)

「PANORAMA TERRACE 1059」では、山頂広場を囲むように設置されたさまざまな形状のデッキから風景を楽しむことができます。大自然を五感で感じながら“十の国”を臨む体験は、まさに絶景を独り占めできる爽快感です。

 また山頂駅舎には、テイクアウト専用カフェ「TENGOKU CAFÉ」を新設。富士山をモチーフにしたモンブランや近隣県のフルーツをふんだんに使用したフルーツポンチ、青空を連想させるドリンクやポップコーンなど、地産地消のオリジナルメニューがそろいます。

 十国峠は絶景スポットというだけでなく、地域の魅力を存分に発信し、さまざまな過ごし方を楽しめる場所。多くの人々が訪れる複合型リゾートとして、今後ますます注目のスポットになりそうです。

●施設概要
・施設名:森の駅 箱根十国峠
・営業時間:そば処/10:30~15:30、テイクアウト/8:40~16:30、売店/8:40〜17:00
・運行時間:十国峠パノラマケーブルカー/8:50〜16:50

●アクセスほか
・住所:静岡県田方郡函南町桑原1400-20
・アクセス:「熱海駅」からクルマで約25分、小田原市内から箱根新道経由で約40分
 https://www.jukkoku-cable.jp/

Gallery 【画像】休日のドライブで立ち寄りたい! 箱根十国峠の新名所を写真で見る(15枚)
通勤ラッシュで「前抱え」はどうなの!? 持ち方問題に賛否! みんなの意見は?

RECOMMEND