VAGUE(ヴァーグ)

ケースそのものが発光! 昼も夜も快適なミントグリーンとブラックを組み合わせた大胆な「ベル&ロス」新作

●ダイナミックな夜光素材使いが人気を集めるLUMコレクション最新作

 航空機のコックピットウォッチから着想を得た機能美あふれるデザインと、通を唸らせるハイエンドなスペックを有したウォッチメゾンとして、日本の時計ファンにもすっかりおなじみのベル&ロス。

 プロフェッショナル向けのインストゥルメンタルウォッチを多数手がけてきただけに、暗所での確かな判読性にも自信を見せますが、その最たるものといえるのが今回紹介するLUMコレクションです。

ミントグリーンとブラックの組み合わせが新鮮。コーディネイトに取り入れやすいカジュアルなデザインも魅力
ミントグリーンとブラックの組み合わせが新鮮。コーディネイトに取り入れやすいカジュアルなデザインも魅力

 これはベル&ロスが2017年より展開する、夜光素材スーパールミノバを大胆にあしらった限定モデルのこと。

 インデックスと針に夜光素材をふんだんにまとわせた「BR 03-92 HOROLUM」を皮切りに、翌2018年には「BR 03-92 NIGHTLUM」、続く2019年にはダイヤル全体をスーパールミノバで覆った「BR 03-92 FULL LUM」を発表するなど、夜光素材を大胆に使ったダイバーズウォッチは毎年愛好家を楽しませてきました。

 2021年からはベースモデルを「BR 03-92」からヴィンテージの限定モデル「BR V2-94」にバトンタッチ、クラシカルなデザインと淡いミントグリーンのレトロな表情が多くの時計愛好家を魅了しています。

 これまでさまざまなチャレンジを重ねてきたLUMコレクションですが、2023年モデルではさらに大胆な表現に挑戦。

 今までのモデルではインデックスや針といったディテール部分を中心に夜光素材を用いてきたのに対し、新作「BR-X5 GREEN LUM」では外装そのものに夜光素材を配合、時計そのものを光らせるという思いきった意匠を採用したのです。

Next●暗所でもケースが光り輝くヒミツとは?
Gallery 【画像】神秘的な光がカッコいい! ベル&ロス新作のディテールを写真で見る(11枚)
通勤ラッシュで「前抱え」はどうなの!? 持ち方問題に賛否! みんなの意見は?

page

  • 1
  • 2

RECOMMEND