VAGUE(ヴァーグ)

全日空ならまだ“マイル修行”が可能!? ANAの上級会員ステータス制度「スーパーフライヤーズカード」にはどう入会? 苦労の後に得られるメリットとは

2024年からJALは入会基準を大きく変更 対するANAは?

 フルサービス航空会社(FSC)の多くは、マイレージプログラムの一環として、一定期間に一定数の搭乗実績をクリアした顧客を優遇する「ステータス制度」を用意しています。

 この制度で上級会員の資格を得ると、一定の期間、優先カウンターやラウンジの利用、受託手荷物の優先返却など、旅行をより快適にするサービスを無料で受けることができます。

 日本でも、日本航空(JAL)、全日空(ANA)がそれぞれステータス制度を運用していますが、両社ではさらに「一定の基準をクリアした顧客が専用のクレジットカードに入会すること」で、搭乗実績がなくても同様のサービスを受け続けることができる仕組みがあります。

 それがJALの「JALグローバルクラブ(JGC)」、ANAの「スーパーフライヤーズカード(SFC)」です。

ANAで「スーパーフライヤーズカード(SFC)」に入会するにはどうすればいいのだろうか
ANAで「スーパーフライヤーズカード(SFC)」に入会するにはどうすればいいのだろうか

 このJGC、SFCへの入会基準は、2023年までともに「暦年の搭乗実績」でクリアすることが比較的容易だったため、「実績作りのため、とくに用事はないのに飛行機に乗りまくる」という、いわゆる“修行”に励む人が少なくありませんでした。

 ところが2024年から、JALはJGCへの入会基準を大きく変更、暦年の搭乗実績で入会するのはまず不可能となりました。

 一方、ANAは現在のところ従来の仕組みを継続し、暦年の搭乗実績によるSFC入会は引き続き可能です。

 そのため、2024年は“修行”を志す人がANAに集中するものと思われます。以下、SFC入会の方法と“修行”の中身についてご案内しましょう。

ANA「スーパーフライヤーズカード」
ANA「スーパーフライヤーズカード」

 SFCへの入会は、ANAのステータス制度で「プラチナサービスメンバー」以上への到達が条件となります。判定に使われるのは、「プレミアムポイント(PP)」です。

 PPは、マイル同様にANAおよび提携航空会社の飛行機への搭乗により貯まる仕組みで、PPを暦年で5万ポイント貯めると、ANAの「プラチナサービスメンバー」となり、そこではじめてSFCへの入会申し込み資格が得られ、クレジットカード会社による審査を経て入会という流れになります。

 では実際にPPを5万ポイント貯めるには、どのくらいの搭乗実績が必要なのでしょうか。

 PPは基本的に搭乗した区間距離に応じ、算出されます。

 つまり東京(羽田)−大阪(伊丹)のような近距離路線では少なく、東京(羽田)−石垣のような長距離では多く加算されます。また割引の少ない運賃(普通運賃、ビジネスきっぷなど)のほうが、割引の多い運賃(バリュー、スーパーバリュー)よりも多く加算されます。

Next入会基準である5万プレミアムポイントを貯めるには
Gallery 【画像】ANAならまだ“マイル修行”できる! 上級会員になるための基準を写真で見る(23枚)
通勤ラッシュで「前抱え」はどうなの!? 持ち方問題に賛否! みんなの意見は?

page

  • 1
  • 2

RECOMMEND