VAGUE(ヴァーグ)

レクサス新型「LBX」にゴルフバッグは積めるのか? アウトドアドライブに使える? 気になる荷室の使い勝手

レクサスがBセグメントに初投入するプレミアム・コンパクトSUV

 レクサスは先ごろ、イタリア・ミラノで新しいラグジュアリー・コンパクトSUV「LBX」を世界初公開しました。新型LBXは“プレミアム・カジュアル”というデザインコンセプトを掲げており、コンパクトモデルとは思えないひとクラス上の存在感と上質さを両立しています。

 そんなデザイン性とプレミアム性に重点を置いたモデルだけに、やはり気になるのはラゲッジスペースなどのユーティリティ。というわけで、新型LBXのラゲッジスペースにゴルフバッグは積めるのか、荷室の使い勝手を予想してみました。

デザイン性やプレミアム性に優れたラグジュアリー・コンパクトSUVのレクサス新型「LBX」は、ラゲッジスペースの使い勝手も上々だ
デザイン性やプレミアム性に優れたラグジュアリー・コンパクトSUVのレクサス新型「LBX」は、ラゲッジスペースの使い勝手も上々だ

 現地でお披露目された新型LBXのボディサイズは、全長4190mm、全幅1825mm、全高1560mm。大径のタイヤ&ホイールを装着し、さらにそれらを四隅のフェンダーギリギリまで外側に張り出させることで、ワイドスタンスを身につけています。

 グリルのフレームを廃して造形自体でスピンドルを演出する“ユニファイドスピンドル”採用のフロントマスクは、先に登場したレクサスの高級ミニバン「LM」にも通じるレクサスの最新フェイズデザイン。コンパクトカーながら長めのノーズと張り出しの大きいフェンダー、大きく絞り込まれた安定感あるリアセクションも相まって、力強さと存在感をアピールしています。

 一方インテリアも、レクサスならではの上質感にあふれています。水平基調のコックピットはその大半の部分がソフトパッドで覆われており、ひとクラス上の出来栄えとなっています。

 新型LBXが採用するプラットフォームは、TNGAの“GA-B”。トヨタ「ヤリスクロス」と同じものですが、大径タイヤを採用すべくホイールベースを延長したため、フロントサスペンション回りは設計を全面的に変更しています。また、フロントシートのヒップポジションを下げた結果、ステアリングやペダル類も角度を改めるなど、大幅に見直されています。

 パワートレインは、1.5リッターの直列3気筒エンジンにモーターを組み合わせたハイブリッド。バッテリーにはバイポーラ型ニッケル水素タイプを採用しています。

 これだけ見るとトヨタ「アクア」と同じ構成ですが、音と振動を抑えるべくエンジンにバランスシャフトを追加したり、モーターを含むトランスアクスルにひとクラス上のトヨタ「ノア」「ヴォクシー」と同じ最新世代を採用したりと、レクサスらしい走りを追求しています。

●ラゲッジスペース両サイドの“えぐり”がポイント

 そんな新型LBXは、ラゲッジスペースの使い勝手も優秀なのでしょうか。トノカバーまでは十分な高さがあるため日常的な使い勝手は問題ないでしょうが、大きめの荷物を積むときなどはちょっと気になります。

 新型LBXはヤリスクロスをベースとするモデルといわれていますが、2台のラゲッジスペースを比較してみると、大径タイヤを履くためか新型LBXはタイヤハウスの荷室への張り出しが大きめ。リアゲートの開口部もヤリスクロスのそれより小さい印象です。

デザイン性やプレミアム性に優れたラグジュアリー・コンパクトSUVのレクサス新型「LBX」は、ラゲッジスペースの使い勝手も上々だ
デザイン性やプレミアム性に優れたラグジュアリー・コンパクトSUVのレクサス新型「LBX」は、ラゲッジスペースの使い勝手も上々だ

 とはいえ、新型LBXのラゲッジスペースはタイヤハウスより後方の部分が左右に深くえぐられているため、この部分を利用してゴルフバッグを横向きに積み込むことができそうです。開発責任者によると、長尺ドライバーは難しいかもしれないものの、9.5インチのゴルフバックなら1セットは積み込めるとのことでした。

 ただし、この部分に2セットのゴルフバッグを積むのは難しい印象です。しかし、新型LBXのリアシートは背もたれが6対4分割式となっていますから、複数のゴルフバッグを積み込む際には、リアシートの背もたれの片側を倒すといいでしょう。この場合、ウエアなどを収めたボストンバッグなども空いているスペースに積むことができます。

* * *

 以上、新型LBXにゴルフバッグが積めるかどうかをチェックしてみました。全長4190mm、全幅1825mm、全高1560mmというコンパクトなボディサイズを考えれば、荷室の使い勝手は十分といえるのではないでしょうか?

 もちろん、これだけのラゲッジスペースがあれば、ゴルフギアはもちろんのこと、ソロキャンプ用のアウトドアギアなども楽に積む込むことができそう。レクサスのラインナップ中、最小モデルとなる新型LBXは、レクサスらしい質感と走り味はもちろんのこと、コンパクトな見た目以上の使い勝手も備えているようです。

Gallery 【画像】デザインやプレミアム性だけじゃない! 使い勝手も上々のレクサス新型「LBX」を写真で見る(36枚)
通勤ラッシュで「前抱え」はどうなの!? 持ち方問題に賛否! みんなの意見は?

RECOMMEND