VAGUE(ヴァーグ)

『源氏物語』風のデザインってどんなの!? 自然派ラグジュアリーホテル「シックスセンシズ」日本初上陸&京都・東山に開業

京都の市街地に佇むオアシス

 インターコンチネンタル・ホテルズ・グループが展開する「シックスセンシズ」は、“サステナビリティ”と“ウェルネス”に特化した高品質なサービスを提供している高級ホテルです。

「シックスセンシズ」が日本初上陸
「シックスセンシズ」が日本初上陸

 1990年代前半の創業以来、“自然派ラグジュアリーリゾート”の先駆者として、世界有数の絶好のロケーションに展開してきましたが、2024年春に日本初上陸となる「シックスセンシズ 京都」が、京都市東山区にオープンします。

 東山区といえば、妙法院や豊国神社、三十三間堂、京都国立博物館など数多くの神社仏閣、伝統的な日本建築、さらには美しい自然などを有する京都の歴史的な観光のひとつ。

 「シックスセンシズ 京都」では、東山区の自然豊かな立地や歴史的な街並みを活かしながら、その土地の歴史や地域性を感じられる、独創的な体験を提供します。

 ニーズに合わせて選べる42-238m2を備えた客室とスイートを用意。客室の窓からは、ホテルの四季折々の風景が楽しめる中庭、隣接する神社の庭園、京都の街並みを一望することができます。

「プレミアム・スイート・ガーデンキング」は、専用の日本庭園を備えているのがポイントです。

 またホテルの最上階に位置する最高級スイート「3ベッドルーム・ペントハウス・スイート」は、3世代の旅行や、屋上テラスと共に最上階を貸切で利用することができ、ラグジュアリーな滞在が叶います。

 スパ、トリートメントルームなども併設予定。スパは、男女別の温泉施設、ジム、屋上プールなどを完備する“非日常感”にあふれた先駆的なウェルネスを体験できる人気サービスのひとつです。

 ここでは、日本の禅文化に基づく伝統的なヒーリング手法と、同ホテルのウエルネスコンセプトを融合させた包括的な体験を提供します。

 なお外観・空間デザインは、世界有数のラグジュアリーホテルを手掛けてきたデザイン事務所「BLINK Design Group」が担当。

 平安時代の“雅”をデザインの軸に、『源氏物語』の世界観や京都・高山寺に伝わる国宝絵巻「鳥獣戯画」に描かれたうさぎをはじめとする動物たち、また日本の民話や昔話モチーフのアートが、アクセントとして散りばめられています。

●京都の食文化に根付いたシックスセンシズ流の食体験

 シックスセンシズ 京都は、地域コミュニティのウェルビーイングにも配慮するシックスセンシズならではのアプローチ、「Eat With Six Senses」(天然由来で地元での持続可能性な栽培法による食材を用いたシックスセンシズ流の食体験)の考えに則した食事を楽しめます。

 終日くつろげるオールデイダイニング、カウンターのみのおまかせスタイルで寿司を提供するレストランでの食体験も魅力的。厳選した旬の地産食材を用いて、五感で楽しめる料理を取り揃えます。

 レストランにはテラス席も設けており、ホテル内庭園の小径からは、ヨーロッパと日本のカクテルを取り揃えたカクテルラウンジとバーへのアクセスが可能です。

 古都を彩る物語を紐解きながら、日本の文化を象徴する京都の奥深い魅力に触れる旅はいかがでしょうか。

●施設概要
・施設名:シックスセンシズ 京都
・住所:605-0932京都市東山区妙法院前川町431
・客室:全81室
・定員:最大6名
・アクセス:新幹線京都駅から車で約7分

Gallery 【画像】日本発上陸! 世界有数の自然派ラグジュアリーリゾートを写真で見る(6枚)
クリスティアーノ・ロナウドも愛用するApple Watchケースブランドとは(PR)

RECOMMEND