VAGUE(ヴァーグ)

バイクのようでいて免許不要!? 速度リミッターを手元で変更可能! ワイルドなデザインが魅力的な“遊べる電動バイク”の実力とは

●街乗りを楽しむ新たな選択肢

 電動キックボードの普及などに対応するべく、2023年7月に施行されたばかりの特定小型原付の新規定。運転免許不要で扱えるので、便利で快適な最新モビリティを、誰でも気軽に生活にプラスすることができるようになりました。

オプションのフレームバックなどで荷物の持ち運びもラクに。バッテリーは大容量のものへと変更も可能
オプションのフレームバックなどで荷物の持ち運びもラクに。バッテリーは大容量のものへと変更も可能

 マーベリックテクノロジーでは、原付二種、原付一種の従来モデルも展開していますが、そのノウハウを活かしつつ新たに導入したのが特定小型原付の「Maverick S1-500X」。

 ハンドルスロットによる走行は、電動アシスト自転車とも違い走りそのものを楽しめる操作感。20インチの極太タイヤには前後のサスペンションも搭載し、ちょっとしたオフロードや、街乗りの最中に不意に現れるデコボコにも対応する走破性を備えています。

 特定小型原付では、車道においては時速20km以下、歩道は時速6km以下という制限が設けられていますが、「Maverick S1-500X」では、それぞれに対応したスピードリミッター付きのモードが搭載されており、手元で切り替え可能。

 うっかり速度オーバーということもなく安心して乗ることができます。

 リチウムイオンバッテリーは基本搭載の36V 10.4Ahと、購入時にアップグレードできる36V 24Ahが用意。それぞれ航続距離は約25kmと約58km。利用状況に応じて選択しましょう。ハンドル部のディスプレイでは、速度や走行距離のほか消費電力、走行モードも表示されます。

 4種類用意されるカラーバリエーションも魅力的。無骨なマットブラック、スポーティなミリタリーグリーン、柔らかな印象のサンドベージュに、爽やかなホワイトと、パイプフレームで構成されたシンプルなデザインが、カラーの違いだけで大きく印象を変えます。

 丸目で作られた大型LEDヘッドライトはレトロな雰囲気もあり、街中でも目を引く存在となりそうです。

 各種オプション品を用意すれば、スポーツやアウトドアでの荷物運びにも活躍。リアキャリアやフレームバッグ、サーフボードキャリア、ゴルフバッグキャリアなどを使って、趣味や買い物をより快適に楽しむ足として活躍。

 16歳以上であれば免許不要で楽しめる特定小型原付の「Maverick S1-500X」。バイクに乗りたいけど、免許やガソリン代、扱いの難しさをハードルに感じている人には、ぜひとも試してもらいたい新感覚モビリティです。

●製品仕様
「Maverick S1-500X」
・ボディサイズ:全長177cm、 幅60cm
・車重:32kg
・タイヤサイズ:直径20インチ、幅4インチ
・モーター:36V 0.5kW
・バッテリー:36V 10.4Ah / 36V 24Ah(どちらかを選択可能)
・保安部品:特定小型原付に必要な保安部品
・走行モード:歩道走行モード、車道走行モード
・航続距離:25km(10.4Ahバッテリー装着時)/58km(24Ahバッテリー装着時)

Gallery 【画像】これで本当に免許不要? 楽しく乗れそうな電動バイクを写真で見る(9枚)
通勤ラッシュで「前抱え」はどうなの!? 持ち方問題に賛否! みんなの意見は?

RECOMMEND