VAGUE(ヴァーグ)

新型「M4」を100馬力アップ! カッコいいだけじゃない「シュニッツァー」エアロパーツの効果とは?

ひとめで分かるフルシュニッツァー仕様の「M4」とは

 印象的なエアロパーツは、M3用と同じく空力効果を数値で現したもの。

 ラインナップは200km/h走行時に+40kgのダウンフォースが得られるフロントスプリッターと、標準状態で+50kg、ガーニーフラップを装備すると+70kgの効果が得られるスワンネックタイプのレーシングリアウイングだ。このリアウイングは、サーキット走行でのセッティング幅を広げてくれるアイテムだ。

パフォーマンスアップグレードの「ステップII」は、エキゾーストシステムをACシュニッツァー製へと交換することで、610ps/6250rpm、750Nm/4000rpmへと向上させる
パフォーマンスアップグレードの「ステップII」は、エキゾーストシステムをACシュニッツァー製へと交換することで、610ps/6250rpm、750Nm/4000rpmへと向上させる

●装着することでオーナーが満足できるパーツ群

 また、フロントサイドウイング用ディフレクターセットとボンネット用デザインエレメントを含んだACシュニッツァー・デザインパッケージ、サイドスカートプロテクションという、ストリート走行向きのアイテムも用意されている。

 さらにクーペ専用として、ダックテールタイプのカーボン製リアスポイラーもラインナップ。これは装備することで+20kgのダウンフォースを獲得できる。

 インテリアで目立つACシュニッツァー・スポーツステアリングホイールは、リムにブラックのパーフォレイテッドナッパレザーと、ブラックアルカンタラを採用。ステッチはライトグレーとなっている。

 10時10分の親指が当たる位置には、凹型のグリップが設けられており操作の助けとなる上、12時の部分にはACシュニッツァーのロゴが入ったライトグレーのモータースポーツインジケーターが装備されているため、ステアリングの位置を把握しやすくなっている。

 さらに、アルミ製のシフトパドルやペダル類、i-Driveコントローラーカバー、キーホルダーといったアイテムもラインナップ。サーキット走行をメインにドライブを楽しむ人はもちろん、ストリートをメインにM4での走りを楽しむ人にもマッチするアイテムを用意しているところに、ACシュニッツァーの懐の深さを感じることができる。

Gallery【画像】完全武装したACシュニッツァーの「M4」を見る(20枚)

page

  • 1
  • 2

RECOMMEND