VAGUE(ヴァーグ)

いまさら聞けない「秋の車中泊&車上泊」マストアイテム3選! 何が必要? 何があると快適に過ごせる?

「マット」「寝袋」「シェード」を持参するのがマスト

 ここ2年ほどで新しい旅のスタイルが普及したこともあり、以前にも増して注目が集まっているのが車中泊。また昨今、屋根の上に固定するルーフテントのバリエーションが増えたこともあり“車上泊”にチャレンジしたいと考えている人も多いことでしょう。

 オートキャンプなどに比べて、いちいちテントを張るなどの手間が少なく、就寝スペースを確保できるクルマ、もしくはルーフテントさえあれば楽しめる車中泊と車上泊は、気軽にアウトドアデビューできるのも魅力です。とはいえ快適に過ごすには、最低限、携行した方がいいアイテムが存在します。

 ここでは、取材やプライベートでこれまで100泊以上、車中泊を楽しんできた筆者が、車中泊&車上泊のマストギアを3つご紹介したいと思います。

快適な車中泊&車上泊に欠かせない3大ギアは「マット」「寝袋」「シェード」
快適な車中泊&車上泊に欠かせない3大ギアは「マット」「寝袋」「シェード」

 SUVやミニバンなどは、シートの背もたれを倒すとフラットなスペースが出現するモデルが多いため、そのまま寝ればいい、と考える人もいるかもしれません。しかし、ドライビング時に乗員の体を支えるシートは、座面、背もたれともに凹凸があり、クッションも硬いものが多いため、意外と寝苦しいものです。そこで車中泊に出かける際には、専用のマットを持参した方が賢明です。

 一方、リアシートの背もたれを倒してラゲッジスペースに寝る場合や、ルーフテント内で過ごす場合も、フロアが硬いことからマットの使用をオススメします。過去30車種以上で車中泊を楽しんできた筆者の経験からいうと、マットの上で寝ると翌日の体の疲れが少ないのでオススメです。専用品ではなく、キャンプ用のマットでも応用できますので、ぜひお試しください。

●朝晩冷え込むシーズンは寝袋で寝る

 これからの季節、車中泊や車上泊で必ず持参しておきたいのが寝袋です。暖かい時期ならそのまま眠ることもできますが、朝晩冷え込むこれからの季節には、持参した方がいいでしょう。

 ただし車中泊の場合、車内の温度は低くなりにくいため、冬山向けスペックの寝袋は不要です。車上泊の場合は、ハイスペックの寝袋があるといいでしょう。またいずれの場合も、寝心地を左右するマクラを持参するといいでしょう。

 そして3つ目の必携ギアが、キャビンのウインドウやルーフテントの窓部を覆うシェードです。街灯や他車のヘッドライトなどの明かりを遮断できるのはもちろんのこと、人目もさけられます。また、これからの季節は車内やテント内の熱が逃げるのを防ぐ効果も期待できるなど、快適性の面からもシェードは有効です。

Gallery 【画像】絶好のシーズンに車中泊&車上泊を満喫するのに必須の3大ギアを見る(13枚)
クリスティアーノ・ロナウドも愛用するApple Watchケースブランドとは(PR)

RECOMMEND