VAGUE(ヴァーグ)

モビリティショー2023にも初出展 世界最大手のEVメーカー「BYD」ってどんな会社? 日本上陸したEVの現在の評価とは

コンパクトハッチバック新型「ドルフィン」の走り味とは

 ではクルマのとしての評価はどうでしょうか。

BYD「ATTO3」
BYD「ATTO3」

 まずは、ATTO3から。フロントグリルやリアエンドは誰にでも好まれるオーソドックスなもので、それだけにATTO3に乗って街中で信号待ちをしていても目を引くことはほとんどありません。

 その一方でインテリアはユニークさにあふれています。モチーフとしたのはスポーツジムだそうで、円筒形のドアハンドルにはスピーカーを内蔵。筋肉質を伝えるダッシュボードやダンベルのようなデザインのエアコン吹き出し口、弾けば音が鳴るギターの弦のようなドアポケットなど、外観とはまるで違う個性を感じさせます。

 走りはかなりスムーズな印象です。モーターの出力は204馬力・310Nmあるので十分な加速力を発揮してくれます。とはいえ、車重が1705kgと重めではあるので、それほど俊足ぶりは感じず、回生ブレーキの効きは弱め。高速域でステアリングの中央が曖昧ですが、バッテリーがフロアにあることで、コーナリングも安定しており、乗り心地もかなりドッシリとしたもので快適でした。

 バッテリー容量は58.56kWhで、航続距離は485km。車格としては日産「リーフe+」の60kWhモデルがライバルとなりそうですが、リーフは500万円を超えているのに対し、ATTO3は440万円。装備を考慮するとその差は明らかに100万円以上は違います。

 これだけでもATTO3のお買い得度は十分に高いと言えると思います。

BYD「ドルフィン」
BYD「ドルフィン」

 ではコンパクトハッチバックの「ドルフィン」はどうでしょう。

 日本への導入にあたっては誤発進抑制システムや、国産車では例がない車内置き去り防止装置も全車標準装備としています。しかも、機械式立体駐車場で使えるように本来より全高を20mm下げて1550mmとしたことも見逃せません。

 走りはスタンダードモデルのモーター出力は70kW、ロングレンジは150kWと、明らかな違いがあります。ロングレンジに一度乗ってしまうと、スタンダードモデルには戻れなくなるほどです。

 とはいえ、スタンダードモデルでも街中や高速の流入では十分な加速を見せてくれ、日常の走行で不満を感じることはまったくないと断言できます。車内の広さも大人4人(定員は5名)がゆったりと座れ、ラゲッジ容量もこのクラスとしては十分なサイズ。家族で出かけるにも十分なサイズ感と言っていいでしょう。

そ して、価格はバッテリー容量44.9kWhのスタンダードモデル(航続距離400km)で363万円。ロングレンジモデル(航続距離476km)でも407万円。ライバルと目されるトヨタ「アクア」やホンダ「フィット」などと比べると明らかに高価であることは確かですが、ドルフィンにはCEV補助金65万円が登録後に入ります。東京都ならさらに45万円が上乗せされます。

 こうなると価格面ではかなり良い勝負になってきます。

 EVとしての出来はかなり良さそうですが、その一方でまだ国産車に及ばない点があります。それは中途半端なインターフェースにありました。

 たとえば、メーターはフル液晶によるものですが、サイズは小さめで速度表示や航続距離などの表示に不満はないものの、ADAS系の表示は少々見にくさを感じます。

 一方でセンターコンソールに備えたディスプレイは12.8インチとかなり巨大。しかも回転式機能が採用され、用途に応じた使い分けが可能となっています。それでいて表示される内容は小さめなのが残念です。

 さらに音声認識はエアコンの温度調節や窓の開閉など、クルマ側のシステムでは日本語化ができていますが、カーナビでは目的地の検索すら音声で行えません。この辺りはアプリを後付けしたことが要因とみられ、使っていると細部で国産車に及んでいない部分が散見されるのです。

 とはいえ、実車を走らせてみれば、それらを超える高いコスパを感じることは確かです。ディーラーの対応などは実際にお付き合いしてみないとわかりませんが、いずれにしてもBYDが成功するかどうかは、そうしたトータルのサービスがどこまでサポートできるかにかかっていると言えるでしょう。

Gallery 【画像】世界最大手のEVメーカー「BYD」のEV3モデルを写真でチェック(27枚)
通勤ラッシュで「前抱え」はどうなの!? 持ち方問題に賛否! みんなの意見は?

page

  • 1
  • 2

RECOMMEND