VAGUE(ヴァーグ)

高く伸びのある弾道でグリーンをねらえる! 「ゼクシオの新作アイアン」の実力とは? 徹底した低重心化と高い反発力で飛距離と安定性を両立

高い反発力を生み出す“リバウンドフレーム”を搭載

 多くのツアープロから支持されているゴルフブランド・ゼクシオから、アイアンの新モデルが登場しました。

 ラインナップは、優れた方向安定性と高弾道で飛ばす「ゼクシオ 13(サーティーン)」と、シャープな形状と高弾道で飛ばす「ゼクシオ エックス」の2シリーズで、いずれも2023年12月9日に発売予定です。

高く伸びる弾道と優れた方向安定性により、スコアアップに貢献する「ゼクシオ 13」アイアンと「ゼクシオ エックス」アイアン
高く伸びる弾道と優れた方向安定性により、スコアアップに貢献する「ゼクシオ 13」アイアンと「ゼクシオ エックス」アイアン

 新モデルの特徴について、ゼクシオを展開するダンロップスポーツマーケティング 企画本部 広報宣伝部 広報課・西尾さんは次のように話します。

「『ゼクシオ 13』アイアンは、チタンフェースの4ピース複合構造による徹底した低重心設計と、アイアン版“リバウンドフレーム”により、高く伸びる弾道をやさしく打つことができます。

 一方、『ゼクシオ エックス』アイアンは、3ピース鍛造フェース設計で低重心化を実現。フェース周辺に配置した溝とフェースの肉厚を最適に設計した“メインフレーム”構造により、鋭く飛び出し、高く伸びる弾道を打つことができます」

●安定性と飛び性能が高い「ゼクシオ 13」アイアン

「ゼクシオ 13」アイアンは、チタンフェースの4ピース複合構造による低重心化により、高く、大きく飛ばせるアイアンです。

 軽量・高強度のチタンフェースや中空キャビティ構造などを採用し、各所から創出した余剰重量をトウ側の高比重タングステンニッケルウエイトに配分。これにより、さらなる低重心化と高い方向安定性を実現しています。

 さらに、同シリーズのドライバーやフェアウェイウッドにも搭載される、高い反発力を生み出す“リバウンドフレーム”を採用しているのもポイントです。

 ボディ下部に配置したL字グルーブ(溝)に加え、ボディ外周部にも新たに設けた溝がフェースのたわみを大きくし、直打ちでのボールスピードがアップ。従来モデル比でプラス2.4ヤードの飛距離アップに成功しています。

 また、つかまりがよく、安心感を与えてくれるヘッド形状も見逃せません。丸みを持たせ、ヒール側を高めに設計したトップラインや、ややグースにしたネックがつかまりのよさや安心感を与えてくれます。

 ソール幅は従来モデルよりやや狭くすることで、抜けをよくしているのも特徴です。

●高弾道で大きく飛ばす「ゼクシオ エックス」アイアン

「ゼクシオ エックス」アイアンは、低重心の3ピース鍛造フェース設計により高弾道で大きく飛ばせるアイアンです。

 薄肉鍛造フェースに加え、大型・高比重のタングステンニッケルウエイト(#4~7)をトウ側に装着した複合キャビティ構造により、低重心化を実現。高く伸びのある弾道でグリーンをねらえます。

「ゼクシオ 13」と同様、フェースの大きなたわみを生み出す“メインフレーム”構造を採用。バックフェース周辺部に配置した溝“スピードグルーブ”と、フェースの肉厚を最適設計した“メインフレーム”構造によってボールスピードが向上。従来モデル比プラス3.0ヤードの飛距離アップに成功しています。

 また、安心感のある大きめのヘッドながら、直線的なトップラインやグースを抑えたネック形状により、構えやすく、操作性のよさを感じさせるアイアンに仕上がっているのもポイントです。

 V字形状のソールを採用し、レベルブローからややダウンブローの傾向のゴルファーもスムーズに振り抜ける点も「ゼクシオ エックス」アイアンの特徴です。

●製品仕様
■「ゼクシオ 13」アイアン
・価格(消費税込):2万7500円〜

■「ゼクシオ エックス」アイアン
・価格(消費税込):2万7500円〜

Gallery 【画像】「えっ!…」高く伸びる弾道をやさしく打てる! ゼクシオの新作アイアンを写真で見る(11枚)
通勤ラッシュで「前抱え」はどうなの!? 持ち方問題に賛否! みんなの意見は?

RECOMMEND