VAGUE(ヴァーグ)

避暑地として人気の河口湖エリアに「大人のチルアウト」に最適なラグジュアリーホテルが誕生

バルコニーから直結したバスルームやサウナでチルアウト

 東京都心からクルマで2時間弱と好アクセスの河口湖は、雄大な富士山を臨めるエリアとしても人気です。その湖畔から少し坂をのぼった静かな森のなかに、一棟貸し切りのホテル「hotel norm. air fuji」が7月16日にグランドオープンします。

避暑地として人気の河口湖エリアに、森のなかにたたずむ大人のための“チル”スペースとしてオープンする「hotel norm. air fuji」
避暑地として人気の河口湖エリアに、森のなかにたたずむ大人のための“チル”スペースとしてオープンする「hotel norm. air fuji」

 ニューヨークにある倉庫のような建物のなかに入ると、シンプルでソリッドな空間が出迎えてくれます。三方を大きな窓で囲まれた開放的なリビングには大きなソファを配置。夜にはスクリーンを下ろし、お気に入りの映画をプロジェクターで楽しめるほか、エタノール暖炉の火の揺らぎを眺めながら、ゆったりとした時間を過ごせます。

 リビングの隣にはアイランドキッチンを用意。IHクッキングヒーターや電子レンジ、炊飯器、ミキサー、その他の調理道具や調味料など、調理に必要なものがそろえられているので、ご自身で調理の腕を振るってみるのもいいでしょう。そのほかオプションで、近隣の名店の出張シェフプランも用意されています。

「食事は客室内だけでなく、バルコニーでもとっていただけます」と話すのは、norm.の広報担当・牧内さん。

「河口湖を一望できるバルコニーは、屋内としても屋外としても楽しめる“あいまいな空間”として設計しました。備えつけのグリルでバーベキューを楽しんでいただけるほか、夜は星を見ながらゆったりと過ごすのにも最適なスペースです」

 そのバルコニーは、バスルームやサウナに直結。湖を眺めながらの入浴や、音楽を聴きながらのサウナも楽しめます。熱くなった体をアウトドアバスで冷水浴し、バルコニーで“ととのう”のもおすすめです。

●どこにいても自然を感じられる設計

 建物の内装は、どこにでもアートを展示できるよう、キャンパスのような色味に統一されています。また、入口から客室までつづくエントランスホールでは周期的にアートを入れ替えるため、訪れるたびに違った空間を味わえます。

 2部屋あるベッドルームには、それぞれパウダールームとシャワールームが用意されています。パウダールームにはトイレのほか、大きな鏡とシンクが配置され、シャワールームからは屋外のボタニカルスペースを窓越しに眺められます。

「『hotel norm. air fuji』は、よりラグジュアリーな“チル”の提案を目指して設計しました。リビングはもちろん、バスルームやベッドルームの窓からも、空や森、湖を臨むことができ、“air”という名称どおり、空に浮かんでいるかのような視覚体験を味わっていただける空間となっています」(牧内さん)

 ちなみに敷地内には、焚き火を楽しめるスペースがあり、薪も用意されています。最大8名が宿泊でき、4〜5台の駐車スペースも完備されているので、家族はもちろん、気の置けない仲間たちと泊まるのにも最適な施設といえるでしょう。

●施設概要
・施設名:hotel norm. air fuji
・定員:最大8名
・宿泊料金/4名1室利用時(消費税込):15万4000円~(1棟)
※料金にはタップから飲み放題のクラフトビール、ウェルカムドリンク&フルーツ、甲州ワインビーフを含む

●アクセスほか
・住所:山梨県河口湖町南都留郡長浜2021
・アクセス:中央自動車道富士吉田線および東富士五湖道路「富士吉田IC」から約15分、富士山麓電気鉄道 富士急行線「河口湖駅」からタクシーで約10分

Gallery【画像】ドライブやツーリングの拠点にも最適な河口湖の新しい宿泊施設を写真で見る(10枚)

RECOMMEND