VAGUE(ヴァーグ)

海外版スカイライン「インフィニティQ50」2023年モデルが米国で登場! 400馬力の「レッドスポーツ400」も設定

「インフィニティ・プレミアムケア」を導入

 日産の海外向け高級ブランド「Infiniti(インフィニティ)」は2022年8月1日、「Q50」の2023年モデルを米国で発表しました。

インフィニティ「Q50」2023年モデル
インフィニティ「Q50」2023年モデル

 インフィニティQ50は、日本では「スカイライン」名で販売されるスポーティなセダンです。

 2023年モデルには新たなサービスプログラムを導入しました。「インフィニティ・プレミアムケア」と呼ばれるこのメンテナンスプログラムは、最大3年間、車検やオイル交換、タイヤローテーションなどを無償で提供するというものです。

 これにより、最高の顧客満足度を提供するという高級自動車ブランド、インフィニティの伝統をさらに拡大するといいます。

 Q50 2023年モデルは「LUXE」、「SENSORY」、「レッドスポーツ400」という3つのグレードを設定。

 LUXEグレードは本革シートや18インチアルミホイール、BOSEパフォーマンス・シリーズオーディPなどを標準装備。さらにワイヤレスのApple CarPlayや有線接続のAndroid Autoに対応します。またSENSORY で導入されたサドル ブラウンのインテリア カラーを選択できます。車両価格は4万2650ドル(日本円で約568万円)からとなっています。

 SENSORYグレードは、前後のスポーツバンパーや19インチホイール、ブラックオープンポアウッドインテリアトリム、統合ナビゲーション、プラズマクラスター空気清浄機とグレープポリフェノールフィルター付きアドバンストクライメートコントロールシステムなどが追加。以前は レッドスポーツ400でしか利用できなかったラディアント グリル エンブレムを追加します。車両価格は4万8350ドル(約645万円)からです。

 LUXE、SENSORYグレードともに搭載エンジンは3リッターV型6気筒ツインターボ「VR30」。出力は300馬力・295lb-ft(約400Nm)となります。

 レッドスポーツ400はインフィニティQ50の最強グレードで、3リッターV型6気筒ツインターボエンジンは400馬力・350lb-ft(475Nm)にパワーアップ。

 専用の19インチアルミホイールやフロント4ピストン、リア2ピストンのキャリパーを備えた強化ブレーキ、コーナリング時の車体の動きをコントロールするダイナミックデジタルサスペンションなどが標準装備されます。

 レッドスポーツ400の車両価格は5万6500ドル(約750万円)です。

Gallery【画像】米国で登場! インフィニティ「Q50」2023年モデルを画像で見る(16枚)

RECOMMEND