VAGUE(ヴァーグ)

ホンダの人気レジャーバイク3選「ダックス」「ハンターカブ」「モンキー」はどんな人に似合う?

タンデムできてAT免許で乗れる「ダックス125」

 バイク市場でいま人気なのが、「ダックス125」、「CT125・ハンターカブ」、「モンキー125」という、ホンダの原付二種レジャーバイク3モデルです。

 3モデルは同系の125cc横型エンジンを搭載し、価格も消費税込で44万円とまったく同じ。それぞれに魅力を備えていますが、果たして3台はどんなユーザーや使い方に向いているのでしょう? 選びのポイントについて考えてみました。

ホンダ「ダックス125」(欧州仕様)
ホンダ「ダックス125」(欧州仕様)

 3モデルのなかでもっとも最新のモデルが、2022年9月22日に発売予定の「ダックス125」。一度、発売延期となったことから、首を長くして待っているという人も多いでしょう。

「ダックス125」が期待を集めるポイントのひとつが、ふたり乗りしやすそうなところ。車格がある程度あり、シートも前後に長いため、カップルや親子などでのタンデムライドが楽しめそうです。

 また、トランスミッションが自動遠心クラッチつきの4速なので、変速時にクラッチ操作が必要なく、小型AT免許で乗れることもメリットです。それでいて、最高出力は9.4psと3モデルのなかでもっとも高く、車重も107kgと「CT125・ハンターカブ」よりだいぶ軽量。足回りも倒立フォークの採用など本格的なので、走りもかなり楽しめそうです。

ホンダ「CT125・ハンターカブ」
ホンダ「CT125・ハンターカブ」

●林道走行やキャンプツーリングが楽しい「CT125・ハンターカブ」

「CT125・ハンターカブ」のメリットは、未舗装の林道でも気兼ねなく入っていけるところ。タイヤはブロックパターンに近いものが装備され、低速トルクを厚めにチューニングされたエンジン出力もあり、オフロードライディングを楽しめます。その分、最高出力は8.8psに抑えられていますが、トルク感の気持ちいいエンジンに仕上がっています。

 また、大型のリアキャリアを装備し、キャンプ道具を積んでのツーリングが楽なことも魅力。林道を走っていって人の少ないキャンプ場で泊まる、といった具合に楽しみたいライダーに向いています。

 乗車定員は2名でタンデムも可能ですが、キャリアに座る必要があるため専用クッションなどを用意した方がよさそう。こちらも小型AT免許で乗ることが可能です。

ホンダ「モンキー125」(欧州仕様)
ホンダ「モンキー125」(欧州仕様)

●コンパクトな車体で走りを楽しめる「モンキー125」

 同じく横型に見えるエンジンながら、最新型を搭載しているのが「モンキー125」。最高出力は9.4psと「ダックス125」と同じですが、車重が104kgと軽いためキビキビとした走りを楽しめます。

 トランスミッションは5速のMTでひとり乗り専用設計。と、書くとスパルタンなマシンのように思えるかもしれませんが、乗り味はとてもおおらかで、ゆっくり田舎道を流すのが気持ちいい仕立てになっています。

 コンパクトな車体と、ゆとりあるエンジン特性が日本の道に合っていて、気軽に出かけたくなるバイクです。半日程度のソロツーリングでひとりのバイク時間を楽しみたい人に向いています。

Gallery 【画像】3車3様の魅力を備えるホンダの人気レジャーバイクを見る(23枚)
クリスティアーノ・ロナウドも愛用するApple Watchケースブランドとは(PR)

RECOMMEND