VAGUE(ヴァーグ)

VW「ID.2」コンセプト世界初公開 「ポロ」サイズのコンパクトEVは2025年に欧州で登場予定

新開発「MEBエントリー」プラットフォームで前輪駆動のEV

 独フォルクスワーゲン(VW)は2023年3月15日、新型「ID.2 all(ID.2オール)」を世界初公開しました。

VW「ID.2オール」コンセプト
VW「ID.2オール」コンセプト

 ID.2オールは、2025年に市販される予定の小型EVコンセプトカーです。VWの新世代EV「ID.」ファミリーのなかで、「ID.3」の下に位置するエントリーモデルという立ち位置になります。

 VWは2026年までに10モデルものID.ファミリーを発売する予定ですが、ID.2オールはそのうちの1台で、2025年に欧州市場で発売するというスケジュールとなっています。

 全長4050mm×全幅1812mm×全高1530mm、ホイールベースは2600mmというサイズの電気自動車(BEV)で、全長は4085mmの「ポロ」と同等ですが、荷室容量は490リッター(最大1330リッター)と、現行型ポロの351リッターから1125リッターを大きく上回り、ひとクラス上の「ゴルフ」同等の室内スペースが特徴です。

 プラットフォームには新開発の「MEB エントリー」を採用。パワートレインには226馬力を発生するモーターを搭載、前輪を駆動します。WLTPモードでの一充電走行可能距離は最大450kmと発表されています。0−100km/h加速は7秒以下、最高速度は170km/hというパフォーマンスを発揮します。

 エクステリアデザインは、初代「ゴルフ」をインスパイアした幅広いCピラーが特徴です。また親しみやすいフロントフェイスや力強いスタンスを持つボディラインなど、ダイナミクスとエレガンスさを両立しています。インテリアも、すっきりとしたシンプルなデザインながら高品質感にあふれています。
 
 VW乗用車のCEO、トーマス・シェーファー氏は「ID.2オールは、ブランドの目指すところを示しています。我々はお客様に寄り添い、最高のテクノロジーと素晴らしいデザインを組み合わせて提供したいと考えています。電動モビリティを大衆にもたらすために、変革を迅速に実施しています」とコメントしています。

※ ※ ※
 
 ID.ファミリーのエントリーモデルとなるID.2オールは、欧州では2万5000ユーロ(日本円で約354万円)未満という、ポロ同等の車両価格で発売される予定です。

Gallery 【画像】カッコよすぎる!VW「ID.2」コンセプトを世界初公開!画像で見る(12枚)
クリスティアーノ・ロナウドも愛用するApple Watchケースブランドとは(PR)

RECOMMEND