VAGUE(ヴァーグ)

ラグジュアリーブランドらしい“こだわり”が随所に! “レクサス最小SUV”の真価とは? 新型「LBX」は全方位的にプレミアム

ベース車との違いに見る“プレミアムブランドのクルマづくり”

 一般的に、自動車におけるヒエラルキーは「車体が大きいほど高級」ですが、それが世の常識とは限りません。

トヨタ「ヤリスクロス」がベースといわれるが、中身や出来栄えはそれとは別格の完成度を誇るレクサス新型「LBX」
トヨタ「ヤリスクロス」がベースといわれるが、中身や出来栄えはそれとは別格の完成度を誇るレクサス新型「LBX」

 例えばヨーロッパ車のアウディ「Q2」や、アメリカ車のビュイック「アンコール」のように、ボディサイズは小さいけれど高いプライスタグを掲げたプレミアムカーも存在します。

 アウディやビュイックに限らず、欧米のいわゆるプレミアムブランドのモデルは、ボディサイズの小さなモデルでもプライスタグは高めです。

 一方、欧米ブランドのモデルはボディサイズではなく、内外装のつくり込みによってヒエラルキーが左右されるものが多いため、「ボディサイズは小さいけれど高価なモデル」が存在する一方、「サイズは大きいけれど安いモデル」も存在します。この辺の違いは、欧米ブランドのモデルではよくある話です。

 ここ日本にも、同様のブランドが存在します。レクサスがそれです。トヨタよりも上級ブランドという位置づけで、トヨタ車と比べると値づけが明確に高い。なかには、トヨタ「カローラ」級の大きさであるレクサス「UX」のように、ボディサイズがふた回り以上大きいトヨタ「クラウン」よりも高価なプライスタグを掲げるモデルも存在します。

 それでも近年、レクサスは高い人気を獲得しています。どうして多くの人々は「小さいのに高いモデル」を買うのでしょうか? レクサスの最新車種であり、レクサス最小のモデルでもある「LBX」を軸に考えてみました。

 プラットフォームを始めとするLBXの基本構造は、トヨタ「ヤリスクロス」と共通部分が多くなっています。ということは、LBXとヤリスクロスの違いをチェックすれば、「プレミアムブランドのクルマづくり」が見えてくるといってもいいでしょう。

●「LBX」はまさに“サイズは小さいけれど高級車”

 LBXとヤリスクロスでまず異なるのはデザインです。デザインは好みに左右されるとはいえ、LBXの方が立派に見えるのは誰の目にも明らかでしょう。2台は全く異なるデザインで、ボディ外板に同じパーツはひとつとしてないのですが、たたずまいのオーラが違います。

 その秘密はタイヤ周辺にあります。まずタイヤサイズが、LBXは18インチがメイン、ヤリスクロスは上級グレードのみ18インチと、LBXの方が明確に大きく、さらにLBXの車体は全幅が60mm広がっているので、フェンダーのふくらみも大きくて安定感が感じされます。その上でLBXは、タイヤとフェンダーのすき間も狭められているのでスタイリッシュです。

 インテリアも全くの別物です。例えばLBXのダッシュボードは、単にデザインが異なるだけでなく、ディスプレイの大型化(9.8インチ)などで先進的な印象を醸し出しています。

 ソフトパッドのやわらかさやスイッチの触り心地&操作感など、触感まで異なるのですから、LBXはまさに「サイズは小さいけれど高級車」という趣なのです。

 またフロントシートも、単にシート表皮が上質になっているだけでなく、背もたれのサイドサポートの立体形状化を始め、手間とコストのかかったつくり。電動調整機能も、LBXのそれはヤリスクロスよりも動きがなめらかなだけでなく音も静かです。

 スイッチ操作に対する各部の動きもLBXは自然です。ヤリスクロスはコストを抑えるべく、搭載されるモーター数を抑えているのですが、それが違いとして明確に感じられます。LBXのシートを操作すると、「上質ってこういうことなんだな」と実感します。

Next3気筒であることに気づかないほどの静粛性
Gallery 【画像】「えっ!…」やっぱりレクサスのクルマづくりは別格! 新型SUV「LBX」を写真で見る(46枚)
通勤ラッシュで「前抱え」はどうなの!? 持ち方問題に賛否! みんなの意見は?

page

  • 1
  • 2

RECOMMEND