VAGUE(ヴァーグ)

キャロウェイの新作ドライバーが“圧倒的な飛びとやさしさ”を実現できた理由とは? AI設計で「フェース全体がスイートスポット」に!?

補正機能に優れた“Aiスマートフェース”

 世界最大級のゴルフクラブメーカー・キャロウェイゴルフから、AI設計を導入した新作ゴルフクラブ「PARADYM Ai SMOKE(パラダイム エーアイ スモーク)ドライバー」シリーズが登場しました。

AI設計を導入したキャロウェイゴルフの新作クラブ「PARADYM Ai SMOKEドライバー」シリーズ
AI設計を導入したキャロウェイゴルフの新作クラブ「PARADYM Ai SMOKEドライバー」シリーズ

 同シリーズは、スタンダードな「PARADYM Ai SMOKE MAXドライバー」、ドローバイアスの「PARADYM Ai SMOKE MAX Dドライバー」、超軽量な「PARADYM Ai SMOKE MAX FASTドライバー」、低スピンモデルの「PARADYM Ai SMOKE ◆◆◆(トリプルダイヤモンド)ドライバー」の4機種をラインナップ。価格(消費税込)は9万6800円〜で、2024年2月2日に発売されます。

 新しい「PARADYM Ai SMOKEドライバー」シリーズの特徴について、キャロウェイゴルフのマーケティング ブランドコミュニケーションズ・原哲史さんは次のように話します。

「2024年、キャロウェイのAI設計は新たなフェーズへと突入しました。これまではロボットテストの数値をスーパーコンピュータに入力して解析に利用していましたが、今回より、世界中から集めた100万以上のスイングデータをインプット。リアルなスイング軌道、インパクトロフトなどを活用したことにより、驚きの機能が生み出されることとなりました。

 こうして誕生した“Aiスマートフェース”は、どのような打ち方であっても、スピンや打ち出し角などを即座に最適なものへと補正。これまで以上の飛距離と曲がりの少ない弾道をプレーヤーへともたらします。

 この新テクノロジーを採用したシリーズは『PARADYM Ai SMOKE』と名づけられました。SMOKEは英語で“(煙が立つほどに)速い”という意味の言葉として使われることがあり、まさに“Aiスマートフェース”がもたらす強烈なボールスピードを表現したものといえます」

●進化したAI設計が驚きの飛距離を生み出す

「PARADYM Ai SMOKEドライバー」シリーズ最大の特徴は、圧倒的な飛びとやさしさを実現する“Aiスマートフェース”です。

 このフェースは、飛距離アップ、スピンの低減、弾道のバラつきの抑制といった条件の下、AIがリアルなデータを生かしながらスーパーコンピュータ上で5万回もの設計とテストを実施して完成したものです。

 どのような打ち方、ヘッドの入り方をしても、フェースのあらゆる部分でマイクロディフレクション(無数のたわみ)を起こすことで、ベストなボールスピード、スピン、方向、打ち出し角となるように補正。

 これによる、ボールは今まで以上に強く、遠くへ飛んでいき、とても狭い範囲に着弾するようになっています。また“Aiスマートフェース”の能力によって、フェースのギア効果や高慣性モーメントの効用などは、それほど考慮しなくてよいものに変わりました。

 そんな“Aiスマートフェース”の能力の高さを逆説的に示しているのが、キャロウェイが長年培ってきた“JAILBREAK テクノロジー”。これは、ヘッド内のクラウンとソールを固定することで、インパクト時のエネルギーロスを抑制、フェースの反発力を高める独自の技術です。

 この“JAILBREAK テクノロジー”を搭載するとフェースの外周部に多大な圧力がかかるため、これまでは衝撃に耐え得る肉厚な設計となっていました。しかし今回、AIは補正能力向上のため、「“JAILBREAK テクノロジー”を採用せずフェース外周部を従来より薄くし、フェースのすみずみまでマイクロディフレクションが起きるようにすること」を推奨。結果、“Aiスマートフェース”はあらゆる打点位置で、“JAILBREAK テクノロジー”搭載モデルよりも高いボールスピードと飛距離を実現します。

 そんな「PARADYM Ai SMOKEドライバー」シリーズは、前作より軽量化された“360°カーボンシャーシ”が搭載されているのもポイントです。

Gallery 【画像】「えっ!…」飛びとやさしさが圧倒的! キャロウェイゴルフの新作ドライバーを写真で見る(17枚)
通勤ラッシュで「前抱え」はどうなの!? 持ち方問題に賛否! みんなの意見は?

RECOMMEND