VAGUE(ヴァーグ)

まもなく登場! トヨタ新型「ランドクルーザー」の名称から“プラド”のサブネームはなぜ消えた? 新たに“250系”を名乗る理由とは?

「暮らしを守る」という使命を担ってきた歴代「ランドクルーザー」

 トヨタ自動車が2023年8月2日に世界初公開した新しい250系「ランドクルーザー」。気になる日本仕様は、特別仕様車である「ファーストエディション」を含め、2024年前半の発売が予定されています。

 そんな新型ランドクルーザーにおいて注目すべきが、“プラド”というサブネームが消滅したこと。新型がデザインやメカニズムはもちろんのこと、ネーミングまでも一新した理由についておさらいします。

シリーズの中核モデルへと生まれ変わったことで、“プラド”というサブネームが消えたトヨタ新型「ランドクルーザー250」
シリーズの中核モデルへと生まれ変わったことで、“プラド”というサブネームが消えたトヨタ新型「ランドクルーザー250」

 ランドクルーザーは、2024年で誕生73周年を迎える歴史あるモデルです。歴代モデルはすべて、「どこへでも行き、生きて帰ってこられるクルマ」であることをコンセプトに開発されてきました。

 前身であるトヨタ「ジープBJ型」は、当時の警察予備隊からの要請で1951年に開発がスタートしたものの、結果的には競合に敗れて採用とはなりませんでした。

 しかしエンジニアたちは、開発力とBJ型の実力の高さを証明するためにBJ型で富士山の登頂にチャレンジ。富士山の6合目(標高2700m)までクルマで到達することに成功します。

 その偉業が高く評価され、国家地方警察がBJ型をパトカーに採用。このとき、「暮らしを守る」というランドクルーザーシリーズの使命が明確になりました。

●250系の悪路走破性は300系に匹敵

 以降、ランドクルーザーシリーズは絶え間なく進化。近年は、最新技術が投入されるステーションワゴン仕様のフラッグシップ“300系”、高い耐久性と走破性が求められるヘビーデューティモデルの“70系、そして、優れた悪路走破性をベースに扱いやすさと快適性をプラスし、人々の生活を支えるライトデューティモデルの“プラド”という3モデルがラインナップされてきました。

 まもなく発売となる250系は、この中にある“プラド”の後継モデルという位置づけです。

 悪路走行時の視認性にも配慮したスクエアなエクステリアが特徴で、インテリアも操作性を考えてスイッチ形状を吟味するなど、リアルオフローダーらしい機能性に富んでいます。

 全長4925mm、全幅1980mm、全高1870mmというボディサイズは、従来型“プラド”と比べて100mm長く、95mmワイドで、20mm背が高いもの。2850mmというホイールベースも同60mm長くなっています。

 250系のプラットフォームは、300系と同じラダーフレーム構造の“GA-F”。従来型“プラド”に対してフレーム剛性が50%、車両全体の剛性は30%アップしており、悪路走破性は300系に匹敵するレベルだといいます。

 日本仕様のパワートレインは、2.8リッターディーゼルターボ+8速ATと、2.7リッター自然吸気ガソリン+6速ATに決定。ランドクルーザーシリーズ史上初となるハイブリッド仕様も導入も検討中とされています。

 足回りは、基本性能を向上させるとともに、スイッチ操作でフロントスタビライザーの状態を切り替えられる“SDM”(Stabilizer with Disconnection Mechanism)”をトヨタ車として初採用。リアルオフローダーとしての性能を向上させています。

 このように、従来型“プラド”よりも大幅に進化している250系ですが、なぜ長年親しまれてきたサブネームが消滅するのでしょうか?

Next新しい250系はシリーズの中核モデルという位置づけ
Gallery 【画像】「えっ!…」“プラド”のサブネームはなぜ消えた!? トヨタ「ランドクルーザー250」を写真で見る(30枚)
クリスティアーノ・ロナウドも愛用するApple Watchケースブランドとは(PR)

page

  • 1
  • 2

RECOMMEND