VAGUE(ヴァーグ)

レッド内装はPHEVだけの特権!? トヨタ新型「クラウン・スポーツ」のインテリアはおしゃれでスポーティ! 上質感もハイレベル

おしゃれかつスポーティな雰囲気のカラー内装

 2023年秋に発売がスタートする予定のトヨタの新しいスポーツSUV「クラウン・スポーツ」。

 そのティザー映像やプロトタイプ試乗会で披露された目に鮮やかなレッド内装が、クルマ好きの間で注目を集めています。

ブラウンやレッドなど、おしゃれで華やかなインテリアもラインナップするトヨタ新型「クラウン・スポーツ」
ブラウンやレッドなど、おしゃれで華やかなインテリアもラインナップするトヨタ新型「クラウン・スポーツ」

 2022年夏に開催された新型「クラウン」の発表会において、トヨタ自動車は4つの個性を持つクラウンを公開しました。

 近年はセダンのみの展開だったクラウンですが、16代目となる新型はコンセプトを一新。先行発売された「クラウン・クロスオーバー」、ステーションワゴンとSUVの魅力をいいとこ取りした「クラウン・エステート」、王道の「クラウン・セダン」、そしてクーペSUVのクラウン・スポーツという4種のモデルを設定し、それぞれに異なるデザインと性格を与えています。

 なかでもクラウン・スポーツは、エモーショナルで創造的な雰囲気を持ち、乗り降りや運転のしやすいパッケージとともに、俊敏でスポーティな走りを楽しめる新しいカタチのスポーツSUVと位置づけられています。

 新型クラウン・スポーツに設定されるパワートレインは、HEV(ハイブリッド)とPHEV(プラグインハイブリッド)の2種類。駆動方式はいずれも4WDが採用されます。

 気になるボディサイズ(開発目標値)は、全長4710mm、全幅1880mm、全高1560mm、ホイールベース2770mm。足下には21インチという大径のタイヤ&ホイールが装着されます。

 そんな新型クラウン・スポーツで注目したいのがインテリア。ブラウンやレッドを“差し色”に使ったカラーコーディネート内装が設定され、見るからにおしゃれかつスポーティな印象です。

●真っ先に目に飛び込んでくる鮮烈なレッド内装

 なかでも、スポーツSUVらしいインテリアといえるのが、華やかな赤のトリム類でコーディネートされたレッド内装でしょう。

 ステアリングのスポークやステッチ類、センターコンソール、助手席前のインパネ、ドアパネル、シートベルトなどを真っ赤にドレスアップ。ドアを開けた瞬間、鮮烈な赤が目に飛び込んできて、思わず気持ちが高ぶります。

 また、フロントシートには赤いステッチが施された“スポーツシート”を採用。それは、「GRカローラ」などにも採用されるホールド性に優れたバケットタイプです。さらに、シフトノブやスポーツステアリングの革の表面にディンプル加工を施すなど、スポーティさと華やかさ、さらに上質感が融合したインテリアに仕上がっています。

 そんなインパクト絶大のレッド内装ですが、SNSでは「PHEVのみに設定される」とのウワサが流れています。

 クラウン・スポーツのHEVは2.5リッターの燃費重視タイプと見られており、高性能な2.4リッター“デュアルブーストハイブリッドシステム”は、発売直後の採用は見送られる確率が高そうです。

 対するPHEVは、「ハリアーPHEV」のシステムと同等とウワサされています。ちなみにハリアーPHEVは、最高出力177ps、最大トルク219Nmを発生する2.5リッターエンジンに、最高出力182ps、最大トルク270Nmのフロントモーターと、最高出力54ps、最大トルク121Nmのリアモーターを組み合わせ、システム最高出力は306psを発生します。

 こうしたことから、新型クラウン・スポーツのハイパフォーマンス仕様は、速さや走りのスムーズさといった点で分があるPHEVモデルとなると見られています。そのため、華やかでカッコいいレッド内装がPHEVのみの設定となるのも納得できます。

* * *

 実際に公道をドライブする際、鮮烈なレッド内装がどのように見えるのか。新型クラウン・スポーツの発売が楽しみです。

Gallery 【画像】なんという華やかさ! トヨタ新型「クラウン・スポーツ」のインテリアを写真で見る(33枚)
通勤ラッシュで「前抱え」はどうなの!? 持ち方問題に賛否! みんなの意見は?

RECOMMEND