VAGUE(ヴァーグ)

カワサキ「Ninja」シリーズの40周年を記念した“3種のスーパースポーツ”の魅力とは? サーキットを熱狂させた“3色カラー”が蘇る

「ZXR」シリーズをイメージした3色のカラーリング

 カワサキのバイクの中でも、フルカウルを装備して最高のパフォーマンスを発揮すべく開発されたモデルに与えられる称号が「Ninja」です。

 1984年に発売された「GPZ900R」の北米向けモデルに初めて付与されたこの名称は、今や世界中で愛されるニックネームとなりました。

 そんな「Ninja」の誕生40周年を記念して、スーパースポーツを代表する3モデルに「Ninja 40th Anniversary Edition」が登場。いずれも2023年12月23日発売される予定です。

カワサキ「Ninja ZX-10R」、「Ninja ZX-6R」、「Ninja ZX-4RR」に、「Ninja」誕生40周年を記念した「Ninja 40th Anniversary Edition」が登場
カワサキ「Ninja ZX-10R」、「Ninja ZX-6R」、「Ninja ZX-4RR」に、「Ninja」誕生40周年を記念した「Ninja 40th Anniversary Edition」が登場

「Ninja ZX-10R」、「Ninja ZX-6R」、「Ninja ZX-4RR」の3モデルに設定された40周年記念車は、かつてサーキットシーンを熱狂させた「ZXR」の象徴でもあるブルー/グリーン/ホワイトの3色カラーを採用しています。

 その特徴について、カワサキモータースジャパンの事業企画部 マーケティング課・吉田修平さんは次のように話します。

「各モデルの『Ninja 40th Anniversary Edition』は、カワサキのファクトリーマシンである『ZXR-7』のカラー&グラフィックをベースに、1989年に採用した『ZXR』シリーズに基づいたカラーリングとなっています。

 特徴的な3色のカラーリングは、レーストラックにおけるカワサキのチャレンジ精神と絶え間のない革新への追求を表しています。

 各モデルの『Ninja 40th Anniversary Edition』は、当時のカラーリングを色づくりから忠実に再現。アルミパーツを意識したシルバー塗装、ライムグリーンのホイールなどが伝説的な印象を演出します。

 また、テールカウルのモデルネームも当時のフォントをベースに新規製作するなど、細部までこだわった仕様となっています。

 フューエルタンク上面には、チャンピオンステッカーをイメージした“Ninja 40周年記念”デカールもセット。全体に散りばめられたこれらの要素は、『ZXR』シリーズの歴史的な勝利の記憶を呼び起こすように設計されています」

Nextスーパースポーツらしい走りを堪能できる3モデル
Gallery 【画像】「えっ!…」サーキットを沸かせた伝説のカラーが復活! カワサキ「Ninja」40周年記念車を写真で見る(15枚)
通勤ラッシュで「前抱え」はどうなの!? 持ち方問題に賛否! みんなの意見は?

page

  • 1
  • 2

RECOMMEND