VAGUE(ヴァーグ)

サーキット志向のポルシェ「911GT3」を広大な北海道で検証! 公道で魅力を味わえる? のんびり走っていても感じられるクオリティの高さとは

「911カレラ」比で最高出力125ps&最大トルク20Nmを上乗せ

「北海道で思う存分、ポルシェ『911』を堪能してきました」

 そう聞くと、うらやましい話だと感じる人も少なくないでしょう。しかし、「『911 GT3』で」とつけ加えたならば、「それはもったいない……」と思うスポーツカー愛好家も多いかもしれません。

 何しろポルシェの911 GT3といえば、911のラインナップ中でもサーキット志向の強いモデル。「もったいない」という言葉には、「公道では真価の一部すら垣間見ることはできないのに」という意味も含まれているハズです。

 果たしてその言葉どおり、公道では911 GT3を楽しむことはできないのでしょうか?

公道ドライブにおいても圧倒的なリアルさと速さ、そして緻密さとフレキシブルさを満喫できるポルシェ「911 GT3」
公道ドライブにおいても圧倒的なリアルさと速さ、そして緻密さとフレキシブルさを満喫できるポルシェ「911 GT3」

 現行型、すなわち“タイプ992”のコードネームで呼ばれる8代目のポルシェ911が日本に上陸したのは2019年7月のこと。それから約2年を経た2021年4月、ハイパフォーマンス仕様である911 GT3の予約受注がスタートしました。

 約60年にもわたるポルシェ911の歴史において、GT3の名が登場するのはエンジンが水冷化された5代目モデル“タイプ996”からです。

 元々、高性能スポーツカーとして知られる911ですが、GT3はサーキットでの使用も視野に入れた、よりピュアなスポーツモデルとして開発されました。

 とはいえ、それまでの空冷モデルにも性能に磨きをかけたハイパフォーマンスモデル……例えば、「カレラ RS2.7」や「911 GT2」、「911 RSR3.8」などが設定されていましたから、GT3の登場も当然の流れではありました。

 その後、“タイプ996”の後継モデルである“タイプ997”、“タイプ991”にもGT3が用意され、ドライビングを楽しみたいスポーツ志向の911ファンを虜にしたのです。

 さて、再び時計の針を2019年に進めましょう。

 現行モデルであるタイプ992のベースモデルである「911 カレラ」は、最高出力385ps、最大トルク450Nmを発生する3リッター水平対向6気筒ターボエンジンを搭載。0-100km加速タイムは4.2秒、最高速度は293km/hを謳いますから、パフォーマンスに満足できない人は少ないはず。

 では一体、カレラとGT3は、何がどれほど異なっているのでしょうか?

 GT3は、最高出力510ps、最大トルク470Nmを発生する4リッター水平対向6気筒自然吸気エンジンを搭載します。0-100km/h加速タイムは3.4秒、最高速度も318km/hといいますから、プラス125ps、プラス20Nm分の違いが数値に表れているのは間違いありません。

 では、パフォーマンス以外の部分、例えば、操縦性や乗り心地、フィーリングには違いがあるのでしょうか? また、GT3の魅力や本質は、サーキットや超高速域でなければ、そして性能を引き出せる腕がなければ理解できないのでしょうか?

Nextスワンネック式リアウイングがGT3の出自を主張
Gallery 【画像】サーキット志向の強い特別な「911」! ポルシェ「911 GT3」を写真で見る(50枚)
通勤ラッシュで「前抱え」はどうなの!? 持ち方問題に賛否! みんなの意見は?

page

RECOMMEND