VAGUE(ヴァーグ)

日本でもまもなく登場!? 687馬力・1000Nmの快速電動セダン!メルセデスAMG「EQE53」の実力とは

AMGダイナミックプラスパッケージ装着車はトータル687馬力・1000Nmを発生

 まだメルセデス・ベンツ「EQE」すら日本には上陸していないのに、本国ではそれをベースにしたAMGモデルが早くも登場です。

 今回、フランスでステアリングを握ってきたのはメルセデスAMG「EQE53 4MATIC+」です。

メルセデスAMG「EQE53 4MATIC+」の走り
メルセデスAMG「EQE53 4MATIC+」の走り

 その名から想像できるとおり、「Eクラス」のBEV版というべき存在のEQEは、ノーズが短く、ホイールベースを長く取ったキャビンフォワードの前衛的なフォルムを持つセダンです。

 メルセデス・ベンツがBEV専用に開発した「EVA2」プラットフォームを採用。電気モーターはエントリーモデルの「EQE350+」ではリアに、上位グレードの「EQE500 4MATIC」では前後に搭載されています。

 メルセデスAMG EQE53 4MATIC+は、高出力化に対応したAMG車専用の電気モーターを前後に2基搭載して、標準仕様でも最高出力626馬力、最大トルク950Nmという強力なスペックを獲得。さらに、今回試乗したたオプションの「AMG ダイナミック プラス パッケージ」装着車では、それぞれ687馬力、1000Nmにまで達します。

 その結果、0-100km/h加速は3.3秒を実現。最高速は240km/hとなりますが、これはリミッターで制限された数値なので、実力はおそらくそれ以上となります。

 このポテンシャル向上に合わせて、シャシには伸び側と縮み側の減衰力を独立してコントロールできる電子制御式ダンパーを採用して、エアサスペンションと組み合わせています。また、リアアクスルキャリアとボディの締結剛性を高めるためマウントの剛性を50%強化。最大で3.6度の切れ角を持つリアホイールステアも搭載しました。

 そのタイヤは標準が20インチ。試乗車はオプションの21インチとされていました。銘柄はスポーツBEV専用設計のミシュラン パイロットスポーツEVです。ホイールは空力性能を重視したもので、一見スポークデザインですが、よく見るとディッシュ状になっています。

 元々のフォルムからして個性的、未来的なEQEのエクステリアですが、このクルマでは縦スリット入りのブラックパネルグリル、専用の前後バンパーやエアロパーツなどのいわば定番のアイテムを装着することで、いつものAMGらしい精悍な仕立てとされています。

 しかもこれらは単なるデザインではなく、たとえば大型リアスポイラーはドラッグを増やすことなくリアの浮き上がりを抑えているなど、機能に即したデザインとされているのです。

 インテリアもやはり定番の黒基調に赤いステッチというコーディネート。違うのは素材で、本革とバックスキンの代わりに合成皮革のARTICO、マイクロファイバーのMICROCUTが使われています。これはヴィーガンレザーという最近のトレンドに則ったものですが、オプションではナッパレザーも用意されていますので、念の為。

Next荒々しさはなくスムーズで上質なクルマ
Gallery 【画像】メルセデスAMG「EQE53 4MATIC+」を画像でチェック(31枚)
クリスティアーノ・ロナウドも愛用するApple Watchケースブランドとは(PR)

page

  • 1
  • 2

RECOMMEND